時空の旭日旗 時空不連続体
  • 最新刊

時空の旭日旗 時空不連続体

作者名 :
通常価格 838円 (762円+税)
紙の本 [参考] 1,045円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

戦線の拡大を懸念する日本は、タイ・ビルマの英軍を排除する「TB作戦」を発動。また復興間近のハワイ真珠湾をけん制するため強襲揚陸艦「赤城」、大型輸送飛行艇「蒼空」によるミッドウェイ島攻略をも企図した。ここに日本の一大反攻作戦が展開される!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 戦記(フィクション)
出版社
学研
掲載誌・レーベル
歴史群像新書
ページ数
224ページ
電子版発売日
2015年09月18日
紙の本の発売
2014年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

時空の旭日旗 時空不連続体 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年03月06日

    東南海地震への対応と三河地震への準備と平行してマレーを北上しタイへ侵攻、英軍を押さえにかかる。そしてアッツ、ミッドウェーからの本土空襲とドゥーリットル隊東京空襲への対応。次巻はどうなるのやら

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月13日

    マレー半島北上と日本本土航空戦ですか…
    45年3月になっても未だ奮戦中。だいぶずれてきてますね。橘花の改良型も出てきたし。
    最小限の被害に止めてはいるけど、本土に空襲だものなぁ。これからどうなるのか楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

時空の旭日旗 のシリーズ作品 1~13巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~13件目 / 13件
  • 時空の旭日旗 我ら、未来より
    2008年、あずみ海洋大学の海洋調査船「あずみ丸」が昭和十年、二・二六事件前年へタイムスリップ。乗員は、横須賀鎮守府の井上成美や山本五十六と接触、日本の敗戦の事実を突きつけ、さらに天皇をも動かし、日本の将来を変えるべく国家体制を変えていく。
  • 時空の旭日旗 まだ見ぬ過去
    2008年から2.26事件前年にタイムスイップしたあずみ海洋大学の海洋調査船「あずみ丸」。日本はあずみ丸のもたらした未来情報で開発したVT信管を搭載した無人噴進弾「桜花」、対潜ヘリの一式回転翼機「千鳥」などの新兵器で米・英連合軍に挑む!!
  • 時空の旭日旗 変わりゆく現在
    未来情報(A情報)により開発された新兵器を投入し、日本軍はマレー半島攻略戦「閃」号に続きボルネオ攻略戦「烈」号作戦も発動。しかし連合軍は米英蘭豪艦隊によるタラカンの奇襲に成功、日本は大きな打撃を受ける。果たして日本は勝機を掴めるのか!?
  • 時空の旭日旗 時空の分岐点
    膠着状態の戦局を打開すべく、米国は、ソ連への武器貸与と引き換えにアムール川沿岸に飛行場を開設、P51とB17の戦爆連合による日本本土空襲を開始する! 果たして日本は連合軍の猛攻に耐えられるのか!? 超時空シミュレーション戦記シリーズ第4弾!
  • 時空の旭日旗 時空の迷路
    1942年。パレンバン、ボルネオ、ジャワなどを標的とする「烈」号作戦がついに再開される。未来情報により進化した「二式水戦二二型」がボルネオ上空を制圧、ジャワ島も陥とし、蘭軍はついに降伏。日本の南太平洋での絶対防衛圏確立は目前まで迫っていた…
  • 時空の旭日旗 未来の記憶
    ティモール島を奪還した連合軍は、蘭印の主要部への反抗を開始。さらにアメリカ軍は仏印にB29を投入し、台湾とルソン島を空襲。連合軍の壮大な反攻作戦に、日本はA情報により改良された烈風、震電などを投入し立ち向かう。待望のシリーズ6弾!
  • 時空の旭日旗 混沌の果て
    仏印上陸作戦を成功させた日本軍に対して、連合軍は内南洋の基幹であるトラックを空襲。剣風・天狼など「A情報」兵器で対抗するも戦況は防戦一方になりつつあった。連合軍の真の狙いはどこにあるのか? そして日本の対抗策は? 人気シリーズ第7弾!
  • 時空の旭日旗 過去と未来の間で
    マーシャル、ポナペ攻撃の失敗で戦力を消耗した連合軍は、敵兵站線を分断する通商破壊作戦へと方針を転換、南太平洋では狼群作戦を展開。これに対し日本は未来情報による航空海防艦『鶫』型などを投入し、さらなる戦いを挑む
  • 時空の旭日旗 平行宇宙の1944
    欧州では同盟国である独・伊軍がマルタ島への侵攻を開始。連合国軍優勢であった戦線に変化が生じ始めた。これにより米軍の戦略も修正されたが、日本軍は「A情報」によりこの動きを事前に察知。東西の両戦線が絡みあう新たな戦局に、日本はどう対応するのか?
  • 時空の旭日旗 過去の匂い未来の音
    米軍は、太平洋全域にわたる日本軍基地の同時多発攻撃を敢行。さらに、「A情報」による無線傍受で、米国が核爆弾の開発に成功したことが判明する。ついに最終局面を迎えた大戦の行方は? そして、「あずみ丸」クルーの運命は!? シリーズ堂々の完結編!
  • 時空の旭日旗 変化の予兆
    豊富な戦力を背景に連合軍は、インド洋・南太平洋の東西両面で対日攻勢を強め、ついに西の最前線南アンダマン島を占領。A情報とは違う歴史を歩みはじめた世界で、果たして日本の勝利はあり得るのか!? 待望のシリーズ第10弾!
  • 時空の旭日旗 歴史のスパイラル
    1944年9月、「大和」を旗艦とする日本軍の南遣艦隊はインド洋へ侵攻、連合軍の英仏合同艦隊がベンガル湾で激突。「A情報」を生かして日本軍は勝利するが、連合軍は新たな兵器を投入する「コイン・トス作戦」を発動。日本はこれにどう立ち向かうのか!?
  • 時空の旭日旗 時空不連続体
    戦線の拡大を懸念する日本は、タイ・ビルマの英軍を排除する「TB作戦」を発動。また復興間近のハワイ真珠湾をけん制するため強襲揚陸艦「赤城」、大型輸送飛行艇「蒼空」によるミッドウェイ島攻略をも企図した。ここに日本の一大反攻作戦が展開される!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています