羽月莉音の帝国

羽月莉音の帝国

作者名 :
通常価格 704円 (640円+税)
紙の本 [参考] 712円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

羽月莉音、革命部はじめまーす!
『涼宮ハルヒの憂鬱』でハルヒがもし本当に有能で、本気で世界征服を目指したら?『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』、『女子大生会計士の事件簿』シリーズ、『ザ・ゴール』シリーズのようなエンターテインメント経済小説をライトノベル化したらどうなるか?


2009年のデビュー作『雷撃☆SSガール』が書評系アルファブロガーに絶賛された新鋭作家・至道流星(現在も会社経営者と兼業)による、言うなればハルヒmets経済小説!?

ヒロイン羽月莉音の目標は建国!
独立国家樹立に向けて「革命部」なる部活動を立ち上げた莉音に巻き込まれる幼馴染みたち。高校生が会社をつくってゴミ拾いからコスプレ写真集づくりまで事業を展開!
そんな会社創業期のドタバタから始まり、上場目指して金融商品取引法スレスレの手段を使った企業買収工作まで、超スピードで進みます!

しかしこの1巻はシリーズの開幕にすぎません!
巻が進むごとにスケールはどんどんでかくなります!

いったいどうやれば日本から独立できるのか……?
この小説、本気です!!

編集者からのおすすめ情報
経済ライトノベルの先駆にして金字塔『狼と香辛料』の支倉凍砂氏推薦!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / ガガガ文庫
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ガガガ文庫
ページ数
392ページ
電子版発売日
2013年04月19日
紙の本の発売
2010年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
14MB

羽月莉音の帝国 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年05月10日

    全十巻。とある高校生五人が「革命部」なる部活をたちあげ、資本を増やしながら最終的には建国へと突き進むというストーリーである。
    タイトルやテンプレートなキャラクターからは陳腐なライトノベルを連想させるが、内容はそういった類の本とは真逆である。作者の経済学、政治学、国際関係学の幅広い知識に裏づけされたス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月24日

    登場人物達がやり手すぎて凄い。結構真面目に起業していく話だったので面白かった。これからの展開に大いに期待!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月24日

    ビジネス書兼ライトノベルな感じ。

    部活の一貫で会社を興し、運営していくという感じの話です。

    一巻では会社がどのようにしてできるのかなど、経営についての軽い参考書にもなっています。

    話がSFやファンタジーでもない完全現代モノになるので、所々で出てくる場所や会社名はリアル感があって想像しやすいです...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月07日

    新谷かおる『エラン』を思い起こさせる経済バトルもの
    はみ出しものが一芸に秀でた特技と活かして活躍するのは典型だが
    そこに「まーけてぃんぐ」とか「まねじめんと」いうよこもじと
    ライトノベルな風味で味付けするのが現在仕様かもしれない

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月20日

    高校生5人が「革命」を起こして建国を目指す話だけど、目標に反して内容は現実的で「革命資金を作るために企業を立ち上げる」「業務内容を選定する」「業績の分析」「マスコミへの露出と話題作り」「上場企業を買収する」という、およそラノベらしくないもの。

    著者が本物の企業経営者なんで、作品を通して彼が起業して...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月29日

    「経済系の小説で、キャラはハルヒっぽい」と紹介され読み始め。

    主人公は、幼馴染の羽月莉音に巻き込まれ高校の部活「革命部」に入部する。
    革命部の目標は”建国(国を作ること(笑))”
    まずは資金集めのため会社を設立、上場までこぎつる。

    会社経営要素の要素も含んだラノベと言った感じで、なかなか面白い。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月10日

    ガガガ文庫らしいこの1冊。本当にガガガ文庫らしいラノベ。ちゃんとラブコメ的三角関係はある。しかし、羽月莉音たち「革命部」をやっていることがガチすぎます。

    ただ、個人的にはこういう空気感は大好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月07日

    キャラが死んでる。ヒロインの莉音はまるっきりハルヒ。
    女性の登場人物の容姿端麗さを表現するのに「可愛い」という形容詞を多用するのには閉口する。文章の修辞について勉強して欲しい。
    著者は会社経営者らしいが、天は二物を与えないようで安心する。

    以上のような難点から、2章までは地獄。読めない;
    だが会社...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月27日

    見た目で敬遠せずに、しかも1巻は後半まで我慢して読んでみて判断した方がいいかもしれません。
    高校生が建国しちゃおうって話なのですが、会社設立・経済・政治の要素が軽く入っています。
    ハゲタカと似たようなおもしろさがあり、それよりも読みやすいです。
    (2011年7月現在で7巻まで出ています。)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月12日

    201103

    登場人物のキャラはうっすい。
    ライトノベルに向いてない。

    でも読んじゃう。読みやすいし。

    「きっと救い出して見せる。
    この世界の煉獄から。
    きっと飼い慣らして見せる。
    人間の悪性を。」

    このレビューは参考になりましたか?

羽月莉音の帝国 のシリーズ作品 1~10巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 10件
  • 羽月莉音の帝国
    704円(税込)
    羽月莉音、革命部はじめまーす! 『涼宮ハルヒの憂鬱』でハルヒがもし本当に有能で、本気で世界征服を目指したら?『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』、『女子大生会計士の事件簿』シリーズ、『ザ・ゴール』シリーズのようなエンターテインメント経済小説をライトノベル化したらどうなるか? 2009年のデビュー作『雷撃☆SSガール』が書評系アルファブロガ...
  • 羽月莉音の帝国2
    682円(税込)
    沙織を救え! 株式会社革命部の友情 経営ライトノベル第2弾! 1巻では創業から上場までを超スピードで展開してきた株式会社革命部! 2巻は主人公の羽月巳継が16歳で世界最年少の上場企業社長になったところから物語は始まります。 上場祝い(?)で部のみんなでアメリカ旅行……のはずがPMC(民間軍事会社)で軍事訓練を積まされることに! この教練が終わったら、おれ、カニ食べ放題に行くんだ……...
  • 羽月莉音の帝国3
    660円(税込)
    莉音倒れる! 不在のままTOB天王山へ―― 「ぼくが真実を口にすると ほとんど全世界を凍らせるだらうといふ妄想によつて ぼくは廃人であるさうだ」とは吉本隆明の詩の一節ですが、日本最大の衣料チェーン・アクアスをめぐるTOB(株式公開買付)合戦の討論の席でテンパって「世界を革命し、あたらしい人類の未来を創るのです。何かに支配されない社会。連綿とつづく争いの歴史からの脱却。機能不全に...
  • 羽月莉音の帝国4
    682円(税込)
    原子力企業買収なるか? そして銀行設立? 日本からの独立をめざす部活動・革命部は、法人化、上場、ヤクザとの抗争、日本一の衣料グループ買収と、超スピードで展開してきた。部費は現在1兆8650億円!(※部費は革命部グループのバランスシートの左側、つまり資産の部の合計額) 革命部の創設者・羽月莉音の次なる目的は、建国にさいして発生するだろう日本やアメリカの軍事的介入に対抗すべく、抑...
  • 羽月莉音の帝国5
    726円(税込)
    新頭取、爆誕! そして中国進出!? 殺すか殺されるかの死闘を経て、日本右翼の巨頭・海胴総次郎になぜか気に入られてしまった莉音と俺。その不可解なツンデレぶりにはふりまわされるばかりだが、一難去ってまた一難。 リテール部門における利率の高い定期預金と、中小企業への無担保融資とを特徴とするビジネスモデルをもつ、日本商業銀行を買収した俺たち革命部。だが破綻寸前の経営状態にあったその銀...
  • 羽月莉音の帝国6
    726円(税込)
    諜報と銃撃――中国内紛!? 巳継倒れる。 国内最大の衣料会社アクアスのチェーン展開にさいして、証券化によるファイナンス・スキームを開発、資金調達に成功した俺たち。中国全土に一挙進出を果たしたものの、反日暴動に見舞われることに! 中国政界の内紛に巻き込まれるようなかたちで、営業活動が事実上不可能になった俺たち。そこに現れたのは――日本政界と闇社会のフィクサー海胴総次郎。CIAに行...
  • 羽月莉音の帝国7
    726円(税込)
    革命部VS.国家――全面経済戦争! ミサイル開発に着手した俺たち革命部。兆単位の研究開発費を投じ、優秀な科学者たちを集めて軌道に乗りかけた――と思った矢先に、事件は起こる。ミサイルのプログラム起動に必要な俺の眼球を狙って、諜報機関が乗り出してきたのだ。逃亡劇のさなか、莉音の父・一馬おじさんが捕まってしまう。築きあげた軍事技術をかすめ取ろうとする国家と奪われまいとする俺たちとのあ...
  • 羽月莉音の帝国8
    726円(税込)
    株式市場を使ってボロ儲けする究極の方法! ロシアとの経済戦争にどうにか勝利した俺たち。 だが莉音の父・一馬を人質に取られ、俺たちはロシアのボス・プチロフに呼び出されていた。銃を突きつけられ、引き金に手をかけられた瞬間から、交渉が始まった。  出された条件は、対ロシア戦で資金繰りが火の車になった革命部グループにさらに追い打ちをかけるようなもの。絶体絶命のピンチ。  しかもそんなお...
  • 羽月莉音の帝国9
    682円(税込)
    革命前夜――革命部いよいよ建国のとき! 俺たち革命部が創設した新市場KKネクストを中心に、世界経済の景気は急上昇し、空前の巨大なバブルを引き起こす。その一方で、俺たちはKKネクストのインサイダーで稼ぎ出した莫大な資金を、次々と金銀財宝に変えていった。過去最大の世界恐慌が到来したとき、それら物質資産の価値は爆発的に激増するはずだからだ。やがて世界の崩壊が訪れる。その瞬間こそが俺...
  • 羽月莉音の帝国10
    682円(税込)
    全世界を揺るがす革命の物語、ついに終幕! 『革命部の栄光のために!』 かけ声とともに膨大な数のミサイルが日本へ向けて飛び立っていった――。全世界から宣戦布告を受けた俺たちの新生国家『大革命部帝国』は、国連から国家として承認を受けるために、この世界大戦を勝ちきらねばならない。電撃戦で日本の主要戦力を奪うことに成功した俺たちは、次なる敵・アメリカ軍の全力攻撃に備えていたのだが、敵は...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

羽月莉音の帝国 に関連する特集・キャンペーン