愛をこめて生きる “今”との出逢いをたいせつに

愛をこめて生きる “今”との出逢いをたいせつに

作者名 :
通常価格 489円 (445円+税)
紙の本 [参考] 502円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

エレベーターに乗り込んで、階数ボタンを押すやいなや「閉」ボタンを押してしまう。発車間際の電車に滑り込む。一分一秒を惜しむより、“今”という時間に愛をこめ、自分を見つめる余裕を持ってこそ、人生は豊かになるのです。 本書は、その深い信仰と慈愛のことばで多くの人を導いてきたシスターが、何気ない日常に溢れている真の幸福に気づくための生き方、考え方をやさしく説くエッセイ集です。 自分から挨拶する、誰かが落としたゴミを捨てる、トイレットペーパーの新しいロールを付け替える。それだけで“今”という時間が輝きます--面倒なことをした後のささやかな満足感が、幸せの素。だからこそ、小さなことにも愛をこめ、当たり前のことにも感動できる、そんな心の習慣を大切にしてください……聖書のことばを織り交ぜながら、著者がやさしく語りかけます。 生き方を見つめ直し、新しく生まれ変わりたいすべての人に贈る、心洗われる生き方論。
【渡辺和子 先行配信作品(2012/12/10より1ヵ月間)】

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP文庫
ページ数
224ページ
電子版発売日
2012年12月10日
紙の本の発売
1999年04月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

愛をこめて生きる “今”との出逢いをたいせつに のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年10月24日

    昔の著書だからか、イエスがどうとか、復活したキリストが、聖母マリアが…とか、どっぷりと宗教的な部分が多い。信仰心のない自分は読み飛ばしたくなる部分もあるが、その間に人として大切なことが書かれている。だから読み飛ばさずにじっくりと読んだほうがいい。わかる人にはわかる。

    生きてゆくための土台になる教え...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月28日

    著者はカトリックのシスターで、ノートルダム清心女子大学の理事長を務める方です。
    有名な方なので以前から知ってはいたのですが、本を読むのはこれが初めて。

    カトリックのシスターという立場ですが、ほかの宗教に対して否定的な立場を取っていないので、カトリックとは無縁の私でもすんなりと入り込めます。
    疲れた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月20日

    自分の生き方を見直すことが出来る本。
    「昨日があったから」「明日があるから」と思って、
    適当に生きるのはダメなんだ。
    明日の保証なんてなくて、死は盗人のようにやって来るから、
    だからこそ、一日一日、
    小さなことに愛をこめて、意味のある時間を過ごさなきゃいけないんだね。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年03月16日

    面倒だから、しよう。

    今日よりもう若くなることはない。

    神様を悲しませるようなことはしない。

    「しか」ではなく、「なら」で話し合う。

    急ぐものから片付けなさい。

    人間の自由とは、諸条件からの自由ではなくて、それら諸条件に対して、自分のあり方を決める自由である。

    一生の終わりに残るものは、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

PHP文庫 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング