甘く切なく擬(もど)かしい、ふたりの長い夏の前日。――日吉ヶ丘(ひよしがおか)芸術大学4年生・青木哲生(あおき・てつお)。月下(げっか)画廊店長で、和服が似合う大人の女性・藍沢晶(あいざわ・あきら)。突き動かされるように体を繋げた一夜から、激しくも拙い恋愛が始まる――。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
good!アフタヌーン
電子版発売日
2012年12月07日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 夏の前日 1巻
    完結
    通常版 1巻 648円(税込)
    甘く切なく擬(もど)かしい、ふたりの長い夏の前日。――日吉ヶ丘(ひよしがおか)芸術大学4年生・青木哲生(あおき・てつお)。月下(げっか)画廊店長で、和服が似合う大人の女性・藍沢晶(あいざわ・あき...
  • 夏の前日 2巻
    完結
    通常版 2巻 648円(税込)
    ふたりだけの空間、ふたりだけの時間。自由だが自由に描けない美大生・青木哲生(あおき・てつお)。本気だが本気にさせない和服の美女・藍沢晶(あいざわ・あきら)。言葉も、身体も、心も、すべてが心地...
  • 夏の前日 3巻
    完結
    通常版 3巻 648円(税込)
    絵を描こうと思う。いや、絵が描きたい。――自分が何をしたいのか分からなくなり、画が描けなくなっていた美大生・青木哲生(あおき・てつお)。美大予備校の講師バイトをしたことで、夢中で絵を描く学生に...
  • 夏の前日 4巻
    完結
    通常版 4巻 648円(税込)
    それは、ある日突然だった。 「はなみ」が、森の彼女、小早川華海として現れた。戸惑う哲生の心の壁を、あっけなく越えてくる。 晶がしてくれたように、晶にやさしくしたい、晶のことだけを考えていたい、...
  • 夏の前日 5巻
    完結
    通常版 5巻 648円(税込)
    華海(はなみ)は簡単に涙をながし、「哲生(てつお)君が彼氏だったらよかった」と哲生に言った。 晶(あきら)は決して泣くことはなく、「じゃあ、またね」いつもそう言って、哲生を見送った。 孤独に満ちた哲...

夏の前日 5巻

ネタバレ購入済み

うわぁ‥

のんた 2017年02月05日

大人なのに唇が震えるほど泣いてしまった。
晶さんの気持ちがツライ。

2人の関係が始まった時から「結婚」は想像できなかったけども、こんな激しく静かな終わり方の方がグッとくる。

このレビューは参考になりましたか?

夏の前日 5巻

Posted by ブクログ 2014年09月05日

いろいろ噛み締めて、振り切ったラスト。嫌いじゃないです。
人の心って面白い。じわじわと積み上げてきた衝動が堰をきったときが見もの。
夏の前日、ってタイトルに相応しく、ひまわり、青空、日傘、海、たくさんの情景が焼きつくお話でした。
この後を…と思うと、前作になるみたいだけど、絵がまるっこすぎて、キャラ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

夏の前日 5巻

Posted by ブクログ 2014年08月28日

ついに終わってしまったのが残念。それにしても青木の男子大学生らしい身勝手さが妙にリアルな作品だった。

このレビューは参考になりましたか?

夏の前日 5巻

Posted by ブクログ 2014年08月10日

最終巻。予想できた結末。結末も含めた上で悲しいというより羨ましいという思いがつよい。あと晶ねこはおもわずニヤニヤしてしまう。

このレビューは参考になりましたか?

夏の前日 5巻

Posted by ブクログ 2014年08月08日

哲生は、最後まで身勝手で好きになれなかったが、ラストシーンを読んだら、すとんと、これで良かったと思えた。

このレビューは参考になりましたか?

夏の前日 4巻

Posted by ブクログ 2013年07月20日

「ハナミ」の存在がかき乱す。
でも然程関係が崩れるわけでもなく、やはりある意味バカップルなのでした。

このレビューは参考になりましたか?

夏の前日 4巻

Posted by ブクログ 2013年07月08日

「親友の彼女」として登場した華海。華海に少なからぬ好意をもっていた哲生にとっては、遠ざけておきたい存在だった。しかし華海の髪に触れ、華海の名前を口にし、華海本人は哲生の心の壁をいともたやすく乗り越えてくる。終いには、哲生は華海の写真を入手してしまう。彼は華海を完全に「対象化」できてしまったのだ。

...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

夏の前日 4巻

Posted by ブクログ 2013年07月06日

今まで見るだけだったはなみが哲雄の頑な心の壁の中にずかずかと入り込む。

晶は描けなかった。はなみは描くことができた。
それを知った晶は、静かに何かを悟るのだった。

このレビューは参考になりましたか?

夏の前日 4巻

Posted by ブクログ 2013年07月06日

安定の基已節炸裂。ホントダメな主人公描かせたら最高だよね。水銀が今ひとつなのは、森があれで全然ダメ野郎じゃないからなんだなと、再確認する、青木君のダメダメっぷりが愛おしい。

このレビューは参考になりましたか?

夏の前日 4巻

Posted by ブクログ 2013年07月06日

目次だけでも内容が読めてしまうかも、とスルーして読み進めてたけど、21話「華海」からの22話「華海 華海」で、もうそれだけで苦しくなる。

美しい物に惹かれてしまうのは絵を描く人間としてはしょうがないのかもしれないけど、哲生はそれだけじゃないだろうと思えるから、モヤモヤする。

華海もまさか哲生がそ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?