内閣総理大臣 増補版――その力量と資質の見極め方

内閣総理大臣 増補版――その力量と資質の見極め方

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

この危機の時代の日本に必要なリーダーの条件を、国際政治学者であり、厚生労働大臣としても力をふるった筆者が、近代政治史や古今の歴史なども踏まえながら解説する。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 政治
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川oneテーマ21
電子版発売日
2012年11月09日
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

内閣総理大臣 増補版――その力量と資質の見極め方 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年01月10日

    おなじみ政治学者から参議院議員となった著者による内閣総理大臣のかくあるべし論。内閣総理大臣、さらには国政を担う政治家に必要な資質と力量を論じるとともに一般国民の政治リテラシーの必要性も唱えています。簡単ながら触れられている政策論は明快に語られているものの、目新しいことはあまりありませんが、歴史や哲学...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月23日

    当時は、自民党大臣だった桝添要一氏の内閣総理大臣の増補版。

    政治家には、もっと古典を読んで歴史に習うべきだとか、学者として、政治家として、必要なことを資質を挙げている。

    内閣総理大臣になるには、実力、仲間、時の運などがあるとは思うが、桝添総理大臣というものも一度見てみたいと思った。

    しかしなが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月30日

    今をときめく舛添大臣の著作。
    リブロに平積みされてたので購入。

    テレビで芸能人化はしていても、
    やっぱりこの人は学者なんだなーと思う難解さ!

    政治は『虚業』であり
    『貴業』であるとする氏の、

    「大衆が庶民感覚を崇め、政治家に庶民性を
     要求したことが、エリートを没落させ政治を賤業...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月12日

     2002年に出版された「内閣総理大臣」の増補版。今必要な創造的リーダーシップとは何か、待望される首相像を語る。
     この増補版が執筆されたのは民主党へ政権交代後、鳩山内閣が発足してから100日が過ぎた頃である。

    (メモ)今日首相に求められる要素
    【普遍的要素】
    1.ヴィジョン提示力
    2.歴史と哲学...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月09日

    至極真っ当な政治論で面白味も何もない本だが、その至極真っ当さは決して軽んじられるものではない。一時は首相待望論もあった著者も、潮の流れを読み切れなかったかと思えば、何か空しい思いもする。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年06月06日

     政治家、特に内閣総理大臣にはどのような人物が望ましいのかを論じた本。著者は安倍・福田・麻生内閣で厚生労働大臣を担当し、「総理大臣に最もふさわしい人」というアンケートで1位になったこともある有名な政治家。元々の本業は政治学者。

     舛添氏が総理大臣に求める資質は10項目。同氏はこれらの要素を実在の政...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています