バオー来訪者
  • 完結

バオー来訪者

作者名 :
通常価格 763円 (694円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【ページ数が多いビッグボリューム版!】秘密機関“ドレス”が創り出した最強の生物兵器・バオー。橋沢育朗に寄生し、超能力少女・スミレと共にドレスから脱走したバオーに、暗殺者たちが次々と襲いかかる。その時、育朗の中に眠る無敵の生命・バオーが覚醒する!!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
少年マンガ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
週刊少年ジャンプ
ページ数
369ページ
電子版発売日
2012年10月12日
サイズ(目安)
96MB

バオー来訪者 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年05月17日

    懐かしい!これっ!これはっ!文庫版ですが、初コンタクトはジャンプコミックスでした。荒木さんの初期作品はどれも好きで購入していますがこのバオーには特別思い入れがあります。読み返してみてやっぱりいい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    初期作品の中ではいちばん好きなのがこの作品。
    とても良くまとまっていて、ヒーロー・ヒロインともに魅力的。
    彼らの幸せなその後を願わずにはいられない…!
    石ノ森作品が好きな方にはおそらくおススメできるかと。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    バオー来訪者 荒木飛呂彦 集英社文庫 ISBN4086174863 638円(税別) 2000年6月21日初版
    【ストーリー】殺しの組織「ドレス」の手で最終兵器「バオー」に作り変えられた少年が、同じく組織に囚われていた超能力少女と手を取り合って逃亡、追い迫る組織との戦い。
    収録内容: 超能力少女...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月23日

    少年育郎は戦う!少女スミレのために!秘密結社「ドレス」に立ち向かい勝利を収めた彼は海の底で眠りにつく。。。ラストに希望を持たせて物語の精神は後の「JOJO」に受け継がれていると思う。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    懐かしいね。

    ダース・タケ 2015年04月08日

    最初に読んだのは学生の時だったか。懐かしさに思わず購入したが、なかなか良かった。技術はまだ未熟だが、作者らしさがでていて大変好きである。正直現在のジョジョシリーズより好き。是非読んでいただきたい作品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    男の人が女の子を守るのはやっぱいいと思います
    女の子が守られてるだけじゃない(心情的に)強い子なら尚良し。
    バオー化してるときの育朗はすごくかっこいい
    してないときも強くはないけど見た目とかじゃなくかっこいいです

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    表紙が悪い花京院にしか見えない…(笑)
    なかなか迫力ある作品。第1部や第2部が好きな人におすすめ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月16日

    「あたしあんたが好きよ――だからいっしょにいるわ」

    「バオー来訪者」というタイトルと表紙から、バオーという凶悪な異星人が突然地球に来訪して暴れまくる話だと思ってたのですが、実際は悪の組織によって生物兵器に改造された少年と予知能力を持つ少女の逃亡劇でした。超好みな話でびっくりした。
    この話、設定も好...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月23日

    エリミネート=抹殺 北上山地 霞の目 眼紋がんもん 寄生虫バオー 凶暴な猿マンドリル 脅威の来訪者 ネペンテスの消化酵素 鍾乳洞 彼のパワーの流散は 映像ヴィジョン やっと宅配便のシステムが出来た程度で 勉強という点では最大にプラスになっている MTV 生命感溢れるノリ 運命のようなものが遺伝子の中...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月21日

    『魔少年ビーティー』から一転して、肉体的表現を追求した連載2作目。バイオテクノロジー仕立てのSFアクション(設定は悲しめ)。必殺技がばんばん出てくるあたり、ジョジョの原型が見受けられます。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています