ギャラリーフェイク(1)

ギャラリーフェイク(1)

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

雁作専門の画廊、「ギャラリ-フェイク」のオ-ナ-、藤田玲司のもとに、衆議院議員の梶が、モネの「つみわら」の真作を売ってほしいと商談を持ちかけた。フジタは贋作だけではなく、裏では美術品のブラックマ-ケットに通じ、盗品や美術館の横流し品を取り引きしていることを知ってのことだった。その商談の様子を、S美術館の学芸員である酒井が見ていた。酒井はフジタに、芸術のなんたるかをわかっていない梶には、「つみわら」を売ってほしくはないと懇願する。

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミックスピリッツ
ページ数
207ページ
電子版発売日
2012年10月05日
紙の本の発売
1992年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
61MB

新刊オート購入

    全年齢推奨

    ぷぷ 2015年03月12日

    主人公フジタとサラのもどかしい関係を楽しむも良し。
    美術・骨董・科学・歴史等の知識を得るも良し。
    作者の成長してゆく画力を見守るも良しの、五つ星作品です。

    いろいろなジャンルへの扉を開けてくれる、デパートな作品です。

    全巻リアルで買い揃えました(^ ^)たまにアダルト表現ありますが、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月28日

    贋作でも評価の高いものは沢山あると思う。美術品についての勉強にもなるし、好きな画家や絵画について再確認できる。主人公がただの善人じゃないところもいい。キュレーターの仕事ってこういう事なんだとこの漫画で知った。鼻(ネ)とか日常生活は大変じゃないんだろうか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月03日

    面白い・・!!すごい。。引きこまれる。
    お金と芸術。偽物と本物。。芸術と人間ドラマがうまくからまっている、まさに深おもしろいすばらしい作品!一つ一つの作品について、とても深く描かれているので、全巻揃えれば、かなり詳しい美術のガイドブックになる^^♪

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月08日

    ……読んで(まるで遺書のようだ!!)。藤田のキャラが憎めなくて、一話一話の濃さに圧倒される。芸術は闘いだ! キャラの活き活きした表情と言動に、読んでいる事が楽しいと思える。細野氏はエンターテイナーだな、本当に。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月03日

    読みながらとても勉強にもなるし、美術に興味が持てるようになった!これはとても面白い!!藤田が好きだ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年02月20日

    ひめまつが美術を専攻するきっかけになったという個人的に思い出深い作品です。

    初めて読んだのが小学校5年のとき。フジタに魅せられて「将来フジタになる!」と美術の世界に憧れ続けました。
    作品の見所はなんてたってスマートでかっこいいフジタのギャップ。
    フジタの無精ひげはなんであんなにもかっこいいんだろう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年02月06日

     このシリーズで本当に色々勉強させてもらいました。
     まだまだ集めてる途中。
     基本的に一話完結型なのでどこから読んでも楽しめます。
     

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年02月01日

    芸術に興味がある人もない人も…。

    作者の人間への優しさと、芸術を愛する心が
    ひしひしときます。
    絵がうまいので安心して読めます。

    若干 ご都合主義な話もあるけど…いいじゃないか

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2008年04月29日

    手塚治虫さんの、ブラックジャックの画商版。
    と言うと、誤解がありそうでナンですが。
    ダブルのスーツに身を包み、世界を渡り歩くアートディーラー。
    美人中年で、凄腕の修復家で、ちょっと皮肉屋でかなり照れ屋。そんなおいしい設定の主人公が、たのしいイベントに巻き込まれまくって、色とりどりのステキなオジサマた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2007年11月15日

    ただの芸術薀蓄作品じゃなくて、1話1話のストーリーがしっかりしてて、脇役の人たちもベクトルは違えど芸術への造詣が深くて引き込まれてく。
    なんていうか床屋とか、町の喫茶店とかにあったら通いたくなるような、
    そういう安定感があってすごく好き。
    決して一話完結って言う理由だけじゃなくてね!!
    美術の世界っ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~34巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 34件
  • ギャラリーフェイク(1)
    雁作専門の画廊、「ギャラリ-フェイク」のオ-ナ-、藤田玲司のもとに、衆議院議員の梶が、モネの「つみわら」の真作を売ってほしいと商談を持ちかけた。フジタは贋作だけではなく、裏では美術品のブラックマ-ケットに通じ、盗品や美術館の横流し品を取り引きしていることを知ってのことだった。その商談の様子を、S美術館の学芸員である酒井が見ていた。酒井はフジタに、芸術のなんたるかをわかっていな...
  • ギャラリーフェイク(2)
    ある日料亭に呼び出されたフジタは、“日本のドン”と称されるフィクサーの国府双六から、雪舟の雁作を作ってほしいと依頼された。国府が所持している雪舟は実は盗難品で、正式な所有者である在日フランス大使・ブロト-に返さなくてはならない。雪舟を手離したくない国府は、雁作を作り、それをブロト-に返そうというのだ。フジタは、姑息な雁作では厳しい審美眼を持つブロト-を欺けないと、この依頼を断る。
  • ギャラリーフェイク(3)
    フジタは、家・財産を差し押さえられた会社社長の美術コレクションの鑑定に来ていた。たくさんのコレクションは二束三文のものばかりであったが、国宝級の真作とおぼしき円空の「日光菩薩」があった。しかし、喜び勇んで持ち帰った日光菩薩は、プロの目にも本物に見える巧妙な偽物であった…。
  • ギャラリーフェイク(4)
    ロシアの天才少年ピアニスト、ミーシャの演奏会に来ていたフジタは、モスクワ音楽アカデミーの教授から、ある絵を探してほしいという依頼を受ける。それは、ムソルグスキー作曲のピアノ組曲、「展覧会の絵」の構想に使われた、ガルトマンの10枚の絵のうちの1枚だった。
  • ギャラリーフェイク(5)
    事務所の掃除をしていたサラは、高級宝飾店、「ジェイド」の招待状を見つけた。店のオーナーは、一流の宝石泥棒・翡翠(フェイツイ)であった。サラと店にやってきたフジタは、翡翠からある依頼をうける。その依頼とは…
  • ギャラリーフェイク(6)
    大東亜生命の総務部長である北白川は、美術に造詣が深い。かつては、芸術品の買い付けに奔走するほどであったが、現在は窓際に追いやられている。ある日、北白川は、企業の名品展の実行委員長を命じられた。北白川と三田村小夜子は、展示に必要な中国磁器を借りるため、ギャラリーフェイクを訪れる。
  • ギャラリーフェイク(7)
    アメリカのソフトウエア制作会社“マルチメディア社”会長、キルバート・ベイカーは、末期癌の母親が欲しがっている“窓の絵”を探していた。だが、窓がついたどの絵を見せても、母親は違うと首を振るばかりであった。困り果てたベイカーは、フジタに相談をするが…。
  • ギャラリーフェイク(8)
    フジタがテレビ局に貸し出した乾山の皿が、破損してしまった。怒ったフジタは、テレビ局に乗り込み、弁償を請求する。そこで、三田村小夜子の妹でタレントのみちるに偶然出会い、みちるが司会をしている番組の鑑定人の代理を急遽務めることになったが…
  • ギャラリーフェイク(9)
    フジタと同じアパートに住む小梅おばさんが倒れ、息子が経営している病院に入院した。この病院は、快適な空間を患者に提供することをモットーに建てられたもので、各部屋ごとにカラーコーディネートがなされていた。小梅おばさんは、一番上等で、紫でコーディネートされている部屋に入院していた。しかし、小梅おばさんは、この部屋にいると気分が悪くなると言いだした。
  • ギャラリーフェイク(10)
    フジタは事務所に警察に追われているある男をかくまった。その男はイタチの辰蔵(たつぞう)という通り名で、美術品窃盗の常習者。ある日、辰蔵は仕事の依頼を断ったものの、大事な一人娘を誘拐され、仕事をせざるを得なくなった。その仕事とは…。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「ギャラリーフェイク」に関連する特集・キャンペーン