当て屋の椿 4巻

当て屋の椿 4巻

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※BookLive!Reader Lideoでご覧になる際には、PCやスマートフォンのカラー液晶と表示イメージが異なる場合があります。

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

人里離れた、養蚕を営む民家のまわりで起こる奇怪な殺人。何の因果がそこには潜むのか…!?「蚕の家」編を収録!!

ジャンル
出版社
白泉社
掲載誌・レーベル
ヤングアニマル
ページ数
218ページ
電子版発売日
2012年08月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
65MB

新刊オート購入

当て屋の椿 4巻 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年08月26日

    今回は養蚕を営む豪農の旧家を舞台にした愛憎劇。
    売れない絵師・鳳仙のもとを訪ねた美しい女・深山は、彼に養蚕の守り神の猫の絵の執筆を依頼するが……
    相変わらず事件は陰惨で猟奇的、美麗な絵がグロい描写に悲愴な残虐美を付与する。今巻では蚕に萌える(笑)鳳仙の包容力、人としての優しさが際立ちました。しかし深...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月30日

    もしかしたら一番好きな話かもしれない。蚕編。丸々1エピソードでとても読みやすいです。
    蚕と花をモチーフにお屋敷、美男美女とミステリ要素もバッチリです。
    どんどんイケメン度が増していく主人公。また失恋ですけど。
    複雑な事件て程でもないのですが、深山と藤、男女2人の人間関係が切なく、最後の最後で結ばれる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月29日

    この巻は「蚕の家」編でまるまる1冊使ってます。
    今までの話と比べると、かなり呑み込みにくくて苦労しました...人の心の理屈があるとは言えど、なかなかに複雑で、自分なりに咀嚼するには何回も読み直さなきゃならなさそうな。
    深山の、藤に対する気持ちと...藤の、深山に対する気持ち。
    ううん...難しかった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月12日

    ミステリーなので絵的にはグロいですが、面白いっちゃー面白いです。
    あとまぁ…あまり生き残る人がいないので( ´・ω・`)ってなります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月29日

    最寄り駅から一つ次の駅で。

    ★4。
    とにかくエログロミステリーとしては、最近のマンガでは一番だと思う。
    推理小説のような部分と、怪奇ミステリーの雰囲気が絶妙。
    また、作者がどんどん絵がうまくなっている最中のようで、すごい。

    4巻は、1冊まるまるつかって「養蚕」を舞台にしている。
    女性の人物が多い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年03月30日

    酷評されてると噂の「蚕編」。わたしは結構好きでした。この話が当て屋中で1番人間の醜さが出ていると思う。藤の母親もひどいけど、深山の親父、その上をいく最低ぶりだわ…。
    ただ、深山の「私の本当の傷に触れていいのはあなたじゃない」というセリフの意味や、深山の噛み傷(結局あれは誰がやったの?)を理解するのに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年12月18日

    全部蚕編です。
    虫嫌いなんで、蚕も蛾も気持ち悪いし、藤が蚕を食べるところはもっと気持ち悪くなりましたけど、この気持ち悪さがないと、話がつながらなくなるんでしょうね。

    深山の父のやったことは、本当に実の親とは思えず、子供を産んだその日から毎日殺してしまうまでやるって信じられない。それが発端で、深山も...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

当て屋の椿 のシリーズ作品 1~16巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~16件目 / 16件

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています