JUDGE1巻
  • 完結

JUDGE1巻

作者名 :
通常価格 639円 (581円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【罪罪罪罪罪罪罪罰。】
嫉妬・怠惰・暴食・傲慢・強欲・色欲・憤怒。
七つの大罪を背負いし罪人に贖罪を。
死にたくなければ、代わりの生贄を選べ。
多数決による、殺人ゲームが幕を開ける…。
(C)2010 Yoshiki Tonogai

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
少年マンガ
出版社
スクウェア・エニックス
掲載誌・レーベル
月刊少年ガンガン
ページ数
243ページ
電子版発売日
2012年07月27日
サイズ(目安)
42MB

JUDGE1巻 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年12月10日

    Doubtとは別な作品だけど同じ感じ。見知らぬ人達が見知らぬ空間に集められて、今度はゲームみたいなのがあってそこで死ぬ人が選ばれて…選ぶのも参加者なサバイバルが強くなってる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月26日

    全6巻。

    『自分が生き残るために誰かを殺す』ゲーム。

    痛々しさは、今回もナシな感じだけど、人数が増えた分、緊迫感がちょっとだけUPしたかな?
    被りモノの種類も増えて、可愛かったです。

    設定を覆した前作ほどではないものの、最終的に『力技』の大どんでん返しな感じ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月06日

    閉鎖空間で、命を懸けた多数決ゲームをやるお話。
    参加させられた人間が、知的そうで皮肉が口癖みたいなヤツ、何が気に入らないのかとにかく暴力を振るいたそうなヤツ、部屋の隅でガタガタ震えてるヤツ、理解できないと騒ぎ立てるヤツ、もうどこからみても主人公なヤツなどなど、クラスに1人はいそうなヤツら。
    ゲームは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月27日

    doubtと同じ様な設定。前作が好きな人は続きものみたいな感じで読めるかも。この後どうなるか分からないけど…。二巻に期待。

    このレビューは参考になりましたか?

JUDGE のシリーズ作品 全6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • JUDGE1巻
    完結
    639円(税込)
    【罪罪罪罪罪罪罪罰。】 嫉妬・怠惰・暴食・傲慢・強欲・色欲・憤怒。 七つの大罪を背負いし罪人に贖罪を。 死にたくなければ、代わりの生贄を選べ。 多数決による、殺人ゲームが幕を開ける…。 (C)2010 Yoshiki Tonogai
  • JUDGE2巻
    完結
    628円(税込)
    【欺擬欺擬欺擬欺擬。】 “第一の審判”を行った男女8人。 新たな道が開け、死のゲームは終わりへ向かうかと思われたが…。 欺瞞と懐疑に満ちた、第2巻! (C)2010 Yoshiki Tonogai
  • JUDGE3巻
    完結
    628円(税込)
    【罵騙罵騙罵騙罵騙。】 2つのグループに分裂し、迎えた、"第2の審判"(セカンド・ジャッジ)。 最後の決断を躊躇するヒロに向けられたのは、救いか、破滅か…。 (C)2011 Yoshiki Tonogai
  • JUDGE4巻
    完結
    628円(税込)
    【怨怒怨怒怨怒怨怒。】 ジャッジに臨んでいる人間は、9人だけではなかった!? 複数の場所で行われる、ジャッジの真の目的とは!? 怨恨と憤怒渦巻く第4巻! (C)2011 Yoshiki Tonogai
  • JUDGE5巻
    完結
    628円(税込)
    【偽傷偽傷偽傷偽傷。】 過去の傷を覆い隠し、偽るもう一人の自分。 それは誰もが受け入れなければならない現実。 さあ、諦めよう。生き残れるのは4人だけ…。 (C)2011-2012 Yoshiki Tonogai
  • JUDGE6巻
    完結
    639円(税込)
    【屍屍屍屍屠屍屍屍屍。】 幾多もの屍を積み重ね、 ゲーム終了を告げる鐘が鳴る。 ジャッジの真の目的と、その主犯とは!? 衝撃の最終第6巻、ついに登場!!! (C)2012 Yoshiki Tonogai

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

JUDGE に関連する特集・キャンペーン