社員は育てなくていい!「会社の壁」を破る48のルール

社員は育てなくていい!「会社の壁」を破る48のルール

作者名 :
通常価格 946円 (860円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

なぜ、「管理」をしたがる会社ほど成果が出ないのか?頑張らなくても業績が上がる会社と社員の「幸せな関係」とは?「社員教育」「精神教育」「ほう・れん・そう」「愛社精紳」などの名のもとに、いままでの日本の会社が「社員を育てよう」とやってきたことは、自分たちが管理できる人間を量産してきただけ。本書は、マネジメントのやり方を根本的に見直してもらう手引書であるとともに、ビジネスパーソンが「会社に育てられよう」という意識を払拭し、自ら育とうするステージに飛び立ってもらうためのものです。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
イースト・プレス
掲載誌・レーベル
East Press Business
ページ数
234ページ
電子版発売日
2012年06月29日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

社員は育てなくていい!「会社の壁」を破る48のルール のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2010年05月16日

    とにかくこういうたぐいの本を読み続けて、会社依存の体質を一刻も早く抜けきることが大事だと思う。

    メモ
    ホウレンソウは必要ない

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月08日

    至極もっともなことがたくさん書いてある。日本で生まれ育った人でないからこそ書ける内容なのかもしれない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月19日

    宋文洲さんは、日経のビジネス系サイトでエッセイを書いていた時期があり、よく読んでいた。日本のビジネス界の常識は世界で見ると通用しないものが多いことがよくわかる。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています