プロ野球にとって正義とは何か 落合解任と「プロの流儀」vs.「会社の論理」

プロ野球にとって正義とは何か 落合解任と「プロの流儀」vs.「会社の論理」

作者名 :
通常価格 712円 (648円+税)
紙の本 [参考] 1,047円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

スキャンダルがあったわけでもなければ本人の体調不良でもない。明快な理由がないままの解任。傍から見れば衝撃的でもあり、不可解な要素を残したままの解任劇。
じつは、その背景には、球団の経営事象を含めて複雑な問題が絡んでいた。
その真相は……。果たして「契約」という理由だけだったのだろうか。

いったい、プロ野球の求めていくべきものはなんなのだろうか。勝つことがすべてなのか。それとも、勝つことだけではない、もっと違う別の何かが存在するのだろうか。プロ野球経営とは、その勝つことだけではない「何か」を求めて突き進んでいくものだろうか。
ファンにとって、監督・選手にとって最高の球団経営とはどんなものなのか? そして、本当の意味でプロ野球のファンサービスとはなんなのか。
ドラフト取材歴30年、現場取材主義の著者が徹底検証!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
スポーツ・アウトドア / スポーツ
出版社
イースト・プレス
掲載誌・レーベル
知的発見!BOOKS
ページ数
205ページ
電子版発売日
2012年05月11日
紙の本の発売
2012年03月
サイズ(目安)
2MB

プロ野球にとって正義とは何か 落合解任と「プロの流儀」vs.「会社の論理」 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年05月08日

    勝てることと客を呼べることとの葛藤がよくわかります。落合監督がやめなければならなかった理由を客観的に述べながらも、全面的に落合采配を否定していないところにも賛同できると思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月18日

    手束先生らしい発想と切り口でスラスラと読めた。しかし、これからのプロ野球の在り方はますます難しい時代となりそうだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月19日

    プロ野球は興行であると同時に、ビジネスであり、地域に根差した経営が必要である。球団OBを重用するなどの手法も、そうした地域密着の一環であろう。
    その意味で外様のコーチを重用した落合氏の手法は球団の経営方針と一致しなかったということである。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

知的発見!BOOKS の最新刊

無料で読める スポーツ・アウトドア

スポーツ・アウトドア ランキング

プロ野球にとって正義とは何か 落合解任と「プロの流儀」vs.「会社の論理」 に関連する特集・キャンペーン