もう、怒らない

もう、怒らない

作者名 :
通常価格 477円 (434円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ムカつく、妬む、悔む、悲しい、虚しい……仏道では、これら負の感情を、すべて「怒り」と考える。怒ると心は乱れ、能力は曇り、体内を有害物質がかけめぐり、それが他人にも伝染する。あらゆる不幸の元凶である「怒り」を、どうしたら手放せるのか?
ブッダの教えをやさしくひもとき、怒りの毒にまみれた毎日を清々しい日々に変える仏道入門。人気殺到で予約のとれない坐禅教室のメソッドを紙上指導。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2012年04月27日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

もう、怒らない のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年02月08日

    素晴らしい内容でした。怒りや欲望、迷いはどんなものなのかがわかりやすく読めました。そして怒りに心を支配されないために空になる実践的なアドバイスが書いてあります。空と両輪をなす、慈悲についてもわかりやすかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月22日

    なかなか簡単ではないけど、怒りのコントロール方法は知っておいた方が良い、上司、子供、仕事にイラついている自分には、痛すぎる内容ばかり。ただ、普遍の真理はあるよね、心を穏やかに生きたいなあと改めて実感

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    素晴らしい

    匿名希望 2015年02月15日

    今の日本人(特に働き盛り)には、必要な本。
    怒りがあるから、鬱病などが流行し、くだらないことで争いが起き、迷える、本当の気持ちがわからない若者が増えるのだ。
    仏教徒ではないけど、愛読書にします。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月30日

    自分はどうしてこんなに怒りんぼうなんだろうと、かねがね思っていましたが、なんだかスッキリ、、目からうろこの1冊。怒りの感情が自分を苦しめるのだと気づく

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月07日

    なかなかできない。ふだんはそうしようと思っているんですが。いつもそう心がけようとしているんですが。未熟者です

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月29日

    仏道の考え方で「怒り」を解説しています。

    以下、備忘録的に。

    ・仏道では、人間は何かを感じた瞬間に「自分の感じていることは正しい、間違っていない」と思い込む修正を持っていると考えます。

    ・批判の正体は自分の意見の押し付け

    ・「正しいことが好き、正しくなくては我慢できない」というのは、ある種の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月24日

    今を生きている全ての人に読んでほしい。
    自分は生涯何度も読み直すことになるだろうと感じた1冊です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月04日

    怒りは自分の身体をむしばむ。体内を有害物質がかけめぐり、身体を痛めつける。それが他人にも伝染する。よくないよね。

    著者によると、欲望も怒りをエネルギーとしているらしい。気になったとこ、以下に記録。

    ・何も考えずにただやるのが、一番疲れない。
    早く終わらせたいな、とか終わったらどうしようかなという...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月30日

    私のことを指摘されているようで 一言一言身に沁みました。完全には まだまだ無理ですが、確かに少しずつ私は変わっています。先日久しぶりに会った姉に「顔元が穏やかになったね?!」と言われたくらいです。だんだん記憶力が落ち、時に我がままで分からないことを言うようになった母の世話も 凄く優しくできるようにな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月25日

    怒り以外への説明も多く、怒りにフォーカスしてないなと思っていたら、最終章が実践的に書かれていて印象に残り★4。元々「怒れる人」だった著者の対処法は実用的で説得力がある。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

幻冬舎文庫 の最新刊

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング