Spirit of Wonder
  • 完結

Spirit of Wonder

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

発明家って生きものは、どいつもこいつも変人でロマンチストだ。瞬間移動できる機械だったり月に行ける装置だったりタイムマシーンだったり、常人には理解しがたいことを日々真剣に考えているのだから……。――そんな愛すべき変人たちに魅せられてしまった人々の、ちょっぴり切なくて心温まる物語。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
アフタヌーン
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
193MB

Spirit of Wonder のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年10月25日

    再読
    サイエンスなファンタジーというより
    センスオブワンダーという形象相応しい短編集
    古典SF向きな懐旧郷愁で古き良きな絵を上手く活かした運び
    粗感じさせない手腕

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月05日

    げにおそろしきはこれが10年分の作品のほとんどってことですよ。
    その分内容はものすごく濃いんだけどね。SF男子の浪漫がこれでもかといわんばかりに詰め込まれたような、そんな一冊。
    下調べたくさんしたよ!と文字間から作者の声高な主張が見え隠れするような最近のSFにはない、いい意味で夢見がちな、まだ科学が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月28日

    空想科学漫画…って感じです。 少年の心を持った大人達の、ファンタジックな挑戦が、ノスタルジックに描かれているのですが、セリフやキャラクターが秀逸で、個人的には傑作だと思っています( ´ ▽ ` )ノ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    古き良きSF漫画。
    SFに更にのめりこませた漫画の一つである。未だに愛読書として本棚に飾っている。バイブル。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    有名な『チャイナさんの憂鬱』を含む短編集。
    愛すべき科学者たちも去ることながら、女性の心理描写はすごいと思う。つか、どこで見てたの?何で知ってんの!?っていうくらい(笑)
    人間というものを好きだからこそ。こういうものが描けるのかなと思う。そういうのって口でどう言おうとどう生きようと、伝わってくるもの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    この一冊なくして、僕のマンガ遍歴を語ることは出来ない。
    愛すべきキャラクターたち、魅力溢れる小道具、おかしみのある科学理論、のんびりと流れる物語。
    人間の体温が感じられる奇妙なSF世界を。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    絵とんでもなく丁寧で(そのかわり数年で一話しか描かないらしい)一話は必ず30Pで終わる短編集。しかも連作。400Pもあるので読み応えばっちりだし、SFなのに怖くない綺麗な世界に酔いしれろ!
    心のベストセラートップ3に絶対入る素晴らしい漫画。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    私の雑食性は父親から受け継いでいるといっても過言で無いです。 
    親父チョイスの一品。 
    チャイナさんのお話が可愛くて好き!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月26日

    鶴田謙二の初期短編集。というかこの一冊で1986〜1995年までの著作が網羅できます(@巻末の解説注)。いまでは「トンデモ」なSF的事象を緻密に/丁寧に漫画化したら明治時代に日本人が描いた未来浪漫を再現できちゃったよ、な雰囲気がたまりません。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月29日

    ◆ 夢見る サイエンス ◆

    タカラモノ的な本のひとつです。

    古き良きSFのテイストを味わえるコミックス。

    全体に、ちょっとギャグテイストで、かつ夢が広がってゆくストーリーが集まっています。
    SF入門としても入りやすいかもしれません。興味のない人でも楽しめます(たぶん)。

    この本をほめなかっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています