勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)
作者名 :

1巻配信中

価格 540円 (税込)

世界一のプロ・ゲーマーに学ぶ勝負哲学!

ゲームファンから「神」と崇められ、「世界一長く賞金を稼いでいるプロ・ゲーマー」としてギネスブックに認定されている伝説のゲーマー・梅原大吾が、初めて熱い想いを語る。
「小学生からゲームが好きだった僕は、勉強も部活もしてこなかった。だからこそ、ゲームを通して自分を成長させるのだ」との強い意志のもと、17歳で強豪を破って世界大会優勝。その後、一度ゲームを辞めた時の挫折感、そして復活、再び世界一になり、プロ契約、ギネス認定に至るまでのウメハラの全貌がここに明かされる。
ウメハラは「たかがゲーム」という世間の冷たい視線に耐え、「どうすれば自分を向上させることができるのか」を常に考え抜いてきた。「楽な勝ち方ばかりしていてはやがて勝てなくなる」「変化なくして成長なし」「最もライバルが多いゲームをあえて選ぶ」など、彼がこれまで実践してきた、勝ち続けるための勝負哲学は、ゲームの世界のみならず、いまの社会を強く生き抜くための指針でもある。ウメハラ渾身の作である本書は、ゲームの攻略本ではなく、人生の攻略本である。

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館101新書
ページ数
256ページ
電子版発売日
2012年04月20日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)

Posted by ブクログ 2018年06月03日

・変化し続けること、絶対に昨日と同じ位置にいないこと。どんな小さな変化でもよいから、昨日と違うことをすること。

・人の目を気にしていては、いつまでたっても自分の生き方ができなくなる。夢を諦めてしまう。諦めなければ叶うわけではないが、人の目を必要以上に気にする必要はない。

・自分の中でこうすれば良...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)

Posted by ブクログ 2017年08月26日

筆者と同世代です。当時を思い返してみて、格闘ゲームが職業として成立するということに驚きを感じたとともに、ここに書いてある筆者の歩んできた道のりと思考力には、書店に並ぶどんなビジネス書よりも価値のある力強い言葉がたくさんあるように思えます。

このレビューは参考になりましたか?

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)

ネタバレ購入済み

ストイックな人生観

hideyuki.amano 2017年07月16日

ゲームに魅了された少年が、一度は格闘ゲームから離れ、また戻ってきて日本初のプロゲーマーになるまでの長い道のり。

周りが流行を追う姿に腹を立てたり、天才的な記憶力の姉に完敗したりと、作者の生真面目さが垣間見える人生観に感動した。

文中で好きな言葉はいくつかあるが、一番気に入ったのは

...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)

Posted by ブクログ 2017年05月02日

*誰に見せても恥ずかしくない努力をする
*結局勝負なので、結果が大事。勝つために常に最善の策をとること
*勝敗には必ず原因がある。結果は原因に対する反応でしかない。結果を良くするための努力を劣っていいはずがない。
*便利なワザで80点を取るのではなく、本質を見極めて常に応用が効くようにする。楽な道は...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)

Posted by ブクログ 2016年08月01日

勝負の世界は、日常とは異なる。
ゲームは所詮子供の道楽でしょ?と多くの人は言うだろう。
しかし、勝負の要素がそこにある以上、求められるメンタルはアスリートと何も変わらない。
印象深かったフレーズは、『目的と目標は異なるもの』

このレビューは参考になりましたか?

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年01月10日

格ゲー王者の精神を覗き見るという意味でも、勝ち続けるための心構えを学ぶという意味でも、とても読み応えがあった
また文体も硬すぎずくだけ過ぎず違和感もなく読みやすい
論じられているのは、挫折や悩みを経て、経験として裏打ちされたまさに理論で、それらを論理的に筋道立てて説明してある
だが、読み終わったあと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)

Posted by ブクログ 2018年03月21日

 プロゲーマーがなぜ勝ち続けることができるのか、を書いた本。
 ゲームに勝つことはできる。しかし勝ち続けることはできない。勝ち続けるためには、成長し続けなくてはならない。
 そしてプロゲーマーということは新作のゲームもプレイするので、ずっと同じ戦略を採り続けることはできない。

 つまり。
 常に努...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)

Posted by ブクログ 2017年12月18日

一つのことに真剣に取り組めば必ず学びはあるこのと好例だと思う。結果として、正しい姿勢、取り組みを身に着けているので一時期、ゲームから麻雀へシフトしてもトップクラスへ上り詰めることができたのだと思う。対戦格闘ゲームで真剣にやりこみ、考えることは可能だ。その気になれば練習する項目は幾つでもある。対策なし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年06月25日

"「ウメハラの背水の逆転劇」は私も以前から知っていたが、それだけしか知らなかった。
”勝つ”ことではなく、”勝ち続ける”為には何をすべきか、が書かれている本。
常に結果を出し続ける事は並大抵の努力では出来ない(※そもそも、その考えに至らない人の方が多い)


この本を読むきっかけになったの...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)

Posted by ブクログ 2017年06月06日

 私はゲームはしませんが、著者の格闘ゲームに対する
真摯な姿勢には、敬服します。大変失礼ながら、著者の名前は、
この本を読んで初めて知りました。

 格闘ゲームの社会では、カリスマと呼ばれる方だったのですね。
小学性の時に格闘ゲームに出会ってから、現在まで(プロゲーマー)の
著者の哲学が凝縮された本...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?