総務省のキャリア官僚・二宮(にのみや)は、二流大卒というコンプレックスを抱えながらも、出世への情熱を胸に秘め、地元の広島県庁に出向していた。一方、同じ広島県の芸南(げいなん)市--「神崎(かんざき)シークレットサービス」の看板を掲げ、裏では事件屋として頭角をあらわしている若きフィクサー・神崎がいた--。裏世界を描いた前作『極悪がんぼ』の主人公・神崎と、表舞台に生きる二宮が交わるとき、新たな「がんぼ」が誕生する!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
イブニング
電子版発売日
2012年05月11日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • 激昂がんぼ 1巻
    完結
    通常版 1巻 540円(税込)
    総務省のキャリア官僚・二宮(にのみや)は、二流大卒というコンプレックスを抱えながらも、出世への情熱を胸に秘め、地元の広島県庁に出向していた。一方、同じ広島県の芸南(げいなん)市--「神崎(か...
  • 激昂がんぼ 2巻
    完結
    通常版 2巻 540円(税込)
    総務省から出向しているキャリア官僚・二宮(にのみや)に、中央省庁でおきたトラブルがまわってきた。広島で行われる予定の港湾整備を潰すことが、二宮に与えられたミッション。だが、国交省から出向して...
  • 激昂がんぼ 3巻
    完結
    通常版 3巻 540円(税込)
    神崎(かんざき)の力を利用し、国交省キャリアの寺本(てらもと)との勝負に勝った二宮(にのみや)。しかし、寺本は意趣返しのために、二宮が担当する総務省の事業計画をすべて潰すと豪語。実際に計画が...
  • 激昂がんぼ 4巻
    完結
    通常版 4巻 540円(税込)
    潰されてたまるか!権謀うごめく人事異動。派閥争いに巻き込まれた男の戦い!--総務省・事務次官候補・財政局長のイスをめぐる、二宮(にのみや)のボス・田中(たなか)行政局長と大外(おおそと)大臣...
  • 激昂がんぼ 5巻
    完結
    通常版 5巻 540円(税込)
    目には目を……謀略には謀略を!権力に憑かれた人間の行き着く先は--。広島県庁に出向中の二宮(にのみや)は、中央への復帰を目前に、新たな左遷を命じられる。己の役人人生を賭け、巻き返しをはかろうと...
  • 激昂がんぼ 6巻
    完結
    通常版 6巻 540円(税込)
    M資金(巨額融資詐欺)を画策中の神崎(かんざき)のもとへ、冬月(ふゆつき)の紹介で大阪から三村(みむら)という男がやってきた。ハタ所長ともつながりがあり、どこか神崎にも似た三村は広島に到着早...
  • 激昂がんぼ 7巻
    完結
    通常版 7巻 540円(税込)
    大阪の繁華街・ミナミの一等地を見つめる女がいた。女の名は嶺(みね)。売春宿も営むやり手の詐欺師である。嶺は顔なじみの三村(みむら)に地面師業(土地を利用した詐欺)を持ちかけた。成功すれば儲け...
  • 激昂がんぼ 8巻
    完結
    通常版 8巻 540円(税込)
    潰されるのは御免だ!! 神崎(かんざき)vs.所長、因縁の決着! ――西日本最大のフィクサーであり、神崎が裏業界に入るきっかけを作ったハタ所長。大阪のシノギを進める中、共同戦線を張っていた嶺(みね...

激昂がんぼ 1巻

Posted by ブクログ 2011年04月03日

キャリア官僚のサクセス?ストーリー!!
今時こんなこともないだろ~~と思うところもある。

経産官僚・財務官僚の小説やマンガが多い中で、
総務官僚が主人公の異色な作品と言える。

このレビューは参考になりましたか?

激昂がんぼ 8巻

Posted by ブクログ 2017年12月09日

おー、最終回とは思わなかった。フィクサー秦光浩。前半では嶺のたくらみを暴き、市長に反対するために市民団体をでっちあげるなど大掛かりな仕掛けを試みる。これは手強いと相手と思うのだが、後半官僚を巻き込んで立ち向かい、特公のSスパイだったことを暴き、それを切らせることで潰してしまう。ちょっと話が急すぎたが...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

激昂がんぼ 1巻

所長の顛末

トライン 2016年03月27日

8巻
連載初期から、ラスボスのように畏怖の象徴として君臨していた所長の原点に関わるストーリー。
人間の争う様を楽しむ、闇を抱えた所長の顛末としては、個人的にはもう少しページを使い、何を求め、何が許せないのか、所長の人間性を掘り下げて知りたかった。
スピンオフ出ないかなぁ

このレビューは参考になりましたか?

激昂がんぼ 8巻

Posted by ブクログ 2013年10月30日

神崎がついにハタ所長を…!?

後半は公安警察の気持ち悪さがわかる。

原作者の2人が公安に狙われないことを祈るばかり。

このレビューは参考になりましたか?

激昂がんぼ 6巻

Posted by ブクログ 2013年06月13日

前作からだいぶ時間がたっていて、話を忘れてる。M資金の二番煎じで、5億円の手形をホテルに預けた番号札のニセモノを作って盗んだりといった話。それなりに面白い。

このレビューは参考になりましたか?

激昂がんぼ 5巻

Posted by ブクログ 2012年10月06日

総務省の権力闘争は、意外性とリアリティはあるけどどこか飽きてしまうとこがある。逆転して成功かと思うと、煙たがれてまた干されたり、難しいものです。

続いてM資金詐欺の話になる。名前は聞いたことがあるが内容は知らないので面白そうだ。尾行も今はGPSを使うんですね。

このレビューは参考になりましたか?

激昂がんぼ 4巻

Posted by ブクログ 2012年03月10日

二宮の上司・田中行政局長が出世コースから外され、二宮もまた左遷されてましう。一度外されると復帰は困難ということで、神崎に依頼、田中が出向時代の官官接待した事実を掴み、それをネタに失脚を狙う。
中傷のファックスを送るなどは思いつく範囲だが、警察で案件として扱ってもらうとか裏をとるための現地での県とのや...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

激昂がんぼ 2巻

Posted by ブクログ 2011年01月19日

行政や政治を舞台にしているのがなんとも面白い。
地方に公共事業をおりてくるとそれに反対するグループをつくることで知名度をあげていく議員、その逆の議員などが暗躍する。

2話は派閥争いをする議員の対決。
表の行動と裏の意図がうまく描写されていて面白い。

このレビューは参考になりましたか?

激昂がんぼ 1巻

Posted by ブクログ 2010年09月18日

『極悪がんぼ』の続編。主人公は役所の仕事にコミットすることを仕事とする事件屋。地方で実施される国交省のビッグプロジェクトをめぐる国、県、市の役人に推進する役人に議員に業者がからんでいく。ディテイルがリアルでワタシには面白いのだが、あまりに細かすぎて読みにくいってとこもありますね。

このレビューは参考になりましたか?

激昂がんぼ 3巻

Posted by ブクログ 2011年05月19日

神崎サイドよりも役所内の二宮の抗争が面白い。官僚の裏側をえげつないくらいに描き込んでもらいたい。それにしても神崎の成長ぶりが半端ないなぁ。

このレビューは参考になりましたか?