バーテンダー 10
  • 完結

バーテンダー 10

作者名 :
通常価格 528円 (480円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

時代、そして流行とともに移り変わる酒の味わい。昔よりアルコール度数を大幅に下げた銘柄に、時代に流され行く己の音楽を重ね合わせるミュージシャンに対し、溜が出した「魂」の一杯とは……!?

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
スーパージャンプ
ページ数
201ページ
電子版発売日
2012年08月24日
サイズ(目安)
41MB

バーテンダー 10 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年02月06日

    たゆたえども沈まず、という話がこの本の中にありまして。
    一見口うるさく説教くさく面倒くさい上司が大人の男にとって一番大事なことを部下に教えるという内容です。

    パリ市の紋章に刻まれている一節、「たゆたえども沈まず(Fluctuat nec mergitur)」これは、どんな苦しい状況でもけっして倒れ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    バーテンダーという職業を通して、『神のグラス』と呼ばれる主人公の佐々倉溜が人間関係と人生へのヒントを与えてくれるしんみりと味わえる漫画。

    主人公はバーテンダーとして輝かしい経歴を持つ一方で、なにか暗い過去を秘めている。そんな彼がヨーロッパから帰ってきて日本のバーを渡り歩き、この巻ではホテルで働いて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    Barの好きな人には、いいね。
    カクテルの種類が覚えられる。
    でも、バーテンダーには嫌な客になれるかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月13日

    サラッと読むにはやはり向いてる。各話のゲストの掘り下げが薄いが、展開が早く暗くなりすぎない。
    やっとホテルのお姉さんがアタックを。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年02月20日

    たゆたえども沈まず…
    う~ん、いい話だ!
    「写る魂」も1話で完結しそうなのに
    2話構成で深みを増して面白いと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

バーテンダー のシリーズ作品 全21巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~21件目 / 21件
  • バーテンダー 1
    完結
    528円(税込)
    新しくオープンするBARのため、バーテンダーを探していたホテル社員・美和。かつて世界的なコンクールで優勝したこともある天才バーテンダー・佐々倉溜と出会い、半信半疑で採用面接の場に送り込むが…!?
  • バーテンダー 2
    完結
    528円(税込)
    君のカクテルは完璧からは程遠い―。ミスター・パーフェクトと呼ばれる熟練バーテンダー・葛原にそう指摘された佐々倉溜。自分のカクテルに何が足りないのか。それを確かめるべく、葛原の店へ…!!
  • バーテンダー 3
    完結
    528円(税込)
    技の葛原、サービスの東山。そう並び称される銀座のバーテンダー・東山の店で働き始めた溜。高級な素材に行き届いたサービス。だがその裏で溜は、酒と客への愛情を疑うような行為を目撃して…!?
  • バーテンダー 4
    完結
    528円(税込)
    新宿のバーで、かつて同じ店で修業した先輩・北方と再会した佐々倉溜。見習いだった溜に、バーテンダーとしての心得を教えてくれた北方だったが、この店では客を潰すための危険なカクテルを…!?
  • バーテンダー 5
    完結
    528円(税込)
    銀座の名店・バー東山を出ることになった溜。至高のサービスを追求するバーテンダー・東山から最後の餞別として供された一杯のウイスキーに、込められた若きバーテンダーへのメッセージとは…!?
  • バーテンダー 6
    完結
    528円(税込)
    溜が一人でカウンターを任されているバー・イーデンホール。今宵訪れたお客様は、常連の商社マン・早瀬と傷心の美人外科医。葉巻の煙をめぐるトラブルが、2人の間に思わぬドラマを呼び込んで…!?
  • バーテンダー 7
    完結
    528円(税込)
    カクテルコンクールで優勝した自信が『神のグラス』を生んだ―。溜の過去の実績を知り、自分もコンクールに出たいと考え始めた京子は、出場を認めてもらうべく師匠・南の前でマティーニを作るが!?
  • バーテンダー 8
    完結
    528円(税込)
    共に苦労し、成功を競い、それゆえ憎しみあう少年2人。だが金持ちになり、年老いてみれば人生に何かが欠けている―。イーデンホールで50年ぶりに再会を果たしたかつての少年達の、心を埋める一杯は!?
  • バーテンダー 9
    完結
    528円(税込)
    汐留に完成したホテル・カーディナル。来島会長の誘いを受け、銀座のバーからホテルへと舞台を移す決意をした溜のもとへ、新規オープンのホテルバーならではの「珍しいお客様」が次々と訪れて…!?
  • バーテンダー 10
    完結
    528円(税込)
    時代、そして流行とともに移り変わる酒の味わい。昔よりアルコール度数を大幅に下げた銘柄に、時代に流され行く己の音楽を重ね合わせるミュージシャンに対し、溜が出した「魂」の一杯とは……!?
  • バーテンダー 11
    完結
    536円(税込)
    思わぬ女性との再会、会社での昇進、娘の結婚…。人生の転機を迎えたとき、必要とされるのはバーテンダーと一杯の酒。だが、そんな一杯を出し続ける溜とホテルスタッフにも、転機となる大きな事件が!?
  • バーテンダー 12
    完結
    536円(税込)
    すれ違う夫婦、和解せぬ親子、わだかまりを抱えた旧友。対面の場所として選ばれたバー・イーデンホールでは、佐々倉溜の一杯が人と人とを優しく結びつける。「ホテル編」珠玉のエピソード収録の第12巻。
  • バーテンダー 13
    完結
    536円(税込)
    溜が一人で任されているバー・イーデンホールに、見習いバーテンダーが入ってきた。だが彼はホテルの新入社員で、バーはあくまで「配属部署」。思い描いた社会人生活との違いに、次第に不満を高まらせ…!?
  • バーテンダー 14
    完結
    536円(税込)
    見習い・和久井翼を加え、騒がしくも活気を増したバー・イーデンホール。人をひとり育てて一人前、という師の言葉を胸に自らも「師匠見習い」として研鑽を積む溜が翼を教育すべく連れ出した2軒のバーとは!?
  • バーテンダー 15
    完結
    536円(税込)
    新聞記者の武井は、かつて不正を暴いて逮捕に追い込んだ元政治家・相馬復活の噂を耳にする。溜に取材協力を申し出るものの拒否された武井は、溜の過去を調べ始める。取材によって暴かれる溜の「秘密」とは…!?
  • バーテンダー 16
    完結
    536円(税込)
    傷つき、敗れた人はなぜ北へ向かうのか? 休暇を利用し北海道へと渡った溜。パリからの帰国以来、6年ぶりに訪れた街で溜が向かう先とは? 旅先での出会いが紡ぐ珠玉のエピソード「北海道編」完全収録の第16巻。
  • バーテンダー 17
    完結
    536円(税込)
    溜が独立? 尊敬する師匠の思わぬ噂に困惑しながらも、面と向かって真意を聞けない見習いバーテンダーの翼。そんななか、長期入院中のカーディナル経営者・来島会長が突如イーデンホールに来店し!?
  • バーテンダー 18
    完結
    536円(税込)
    イーデンホール閉店を機に、自分の店を持つと決めた溜。開店準備の第一歩として向かった先は銀座の老舗酒卸問屋。だが銀座のバー全ての情報を握る問屋の主人は、一流バーテンダーですら恐れる頑固者で…!?
  • バーテンダー 19
    完結
    536円(税込)
    佐々倉溜、独立開業――。関係者を招いた華やかなプレ・オープンを終え、迎えた開店初日。ところが開店時間を過ぎてもお客様はゼロ…新店の先行きに暗雲が立ち始めた頃、一人目のお客様が来店し!?
  • バーテンダー 20
    完結
    536円(税込)
    新しい店を訪れる新しいお客様。今宵訪れたお客様は、バーでの一人飲みに憧れる女性・片桐様と定年間近の男性。カウンターで隣り合ったお客様同士の繋がりが、思わぬドラマを呼び込んで…!?
  • バーテンダー 21
    完結
    536円(税込)
    佐々倉溜と翼の店で、師・葛原の思いが分からないと悩みを打ち明ける弟子・白石。そんな彼に出す佐々倉の一杯とは!? 心を癒すバーテンダーの『神のグラス』の物語、感動の最終巻…。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています