毎日が大河

毎日が大河

作者名 :
通常価格 1,056円 (960円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

なんでこんなつらい仕事、またも引き受けちゃったんだろう……。大ヒットした『篤姫』の放送中に最愛の夫を病で失い、茫然自失で泣き暮らしていた著者に来たのは、3年先の大河ドラマ執筆の依頼。ほとんど休みのないまま突入した『江~姫たちの戦国』の執筆と、その鬼のようなスケジュールと並行して連載されたWebマガジン幻冬舎のエッセイに、現在(2011年11月末)の自分から当時を振り返っての突っ込み原稿を書き下ろしで加筆。仕事に追われ、ドラマの仕上がりに一喜一憂。女手ひとつで2人の子どもをかかえ、山あり谷あり、笑いあり涙あり……。どうしてこんなにスットンキョー?ドラマ裏話もたっぷり収録、読めば元気が出る傑作エッセイ。

ジャンル
出版社
幻冬舎
電子版発売日
2012年03月30日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

毎日が大河 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年03月21日

    篤姫を終えた後のエッセイ集も面白かったため、今回も江の脚本と同時進行で書かれたエッセイ集をチョイス。
    おもしろかったです。また女性を主人公にしたドラマや映画、楽しみにしてます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月29日

    ネットや週刊誌を騒がせている田渕センセ。本書を読む限り、仕事に忙殺される脚本家、家族思いの母親、に見えましたが・・。私も「江」を毎週観てましたが、ネットで言われているほど酷いとは思いませんでしたよ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています