英語には、おさえておくべき「つぼ」があります。つぼをおさえておけば、やればやるほど身につきますがつぼをおさえないと、いくら勉強してもうまく身につきません。本書ではカリスマ同時通訳者である関谷氏が英語を学ぶすべての人がおさえるべき「つぼ」を披露します。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 中経出版
掲載誌・レーベル
中経出版
電子版発売日
2012年08月03日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

えいごのつぼ

Posted by ブクログ 2012年03月26日

特に記憶に残ったこと。


英語を聞きながら英文を見る、英語を聞きながら文を目で追い音読する、文を見ないで英語を聞きながらオーバーラッピング

自己紹介文5つ。役職など。

ライティングは、文章を真似してみる。

雑誌を定期購読してみる

妄想英会話

このレビューは参考になりましたか?

えいごのつぼ

Posted by ブクログ 2018年11月12日

?英語に挫折気味の人にオススメ。自分の勉強方法を見直し、少しだけ肩の荷を下ろしてくれると思う。脱完璧、シャワーだけでは意味がない、リピートしないと。話すのは苦手なのは読書量が圧倒的に少ないだけ。好きなものを飽きるまで繰り返す。達成の反対はギブアップ。などなど、英語勉強方法だけでなく、コミュニケーショ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

えいごのつぼ

Posted by ブクログ 2017年01月30日

英語を学ぶ上での心得とかスタンスとかがまとめられた本。
ページごとにトピックが分かれてて読みやすい。

量が大事。ずーっと勉強。読む量も大事。慣れ。必要な領域にフォーカス。あきらめない(^^)

このレビューは参考になりましたか?

えいごのつぼ

Posted by ブクログ 2014年11月09日

買うほどではないが、直ぐに読める。つぼも理解できる内容。要するに、英語にかける時間が圧倒的に足りない

このレビューは参考になりましたか?

えいごのつぼ

Posted by ブクログ 2014年05月28日

著名な通訳者である著者からのこれから英語を学ぶ人に向けたメッセージ集。

英語に取り組むハードルを下げてくれ、
かつそのモチベーションをあげてくれるつぼが満載の1冊。
英語の勉強の前にまずはこの1冊を読んで欲しい。

・語学は恥をかき、挫折しながらでないと身につかない。
・achieveの反対はgi...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

えいごのつぼ

Posted by ブクログ 2013年10月13日

英語はまったく出てきません!
ちょっと、ほんのちょっと単語が出てきますが、それは話の便宜上で出てくる。

英語の勉強のために、読みましたが、英語とか日本語とか関係なく「伝えること」の勉強になりました!
日本語も英語も話したり書いたりとアウトプットが必要です!と思いました。
恥をかいたら、一生忘れない...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

えいごのつぼ

Posted by ブクログ 2012年03月25日

英語の学習本ではなく、
英語を学習する前に読むべき本です。

英語学習に対する心の持ち方、英語圏文化との接し方など、
参考になります。

そして要は英語は、結局「慣れ」であると。
どんどん英語に触れていきたいと思います。

このレビューは参考になりましたか?

えいごのつぼ

Posted by ブクログ 2011年09月05日

カリスマ同時通訳者が教える英語上達法。勉強のための教訓が書かれている。マンネリ化したときに読み返してみたくなる一冊。

このレビューは参考になりましたか?

えいごのつぼ

Posted by ブクログ 2011年08月24日

英語を学ぶ上で押さえておいた方がいいテクニックを分かりやすく解説している。

見開き2ページ構成で、右側がツボ、左側が解説になっている。

内容は、英語学習に対する考え方、教材の選び方、記事を早く理解する方法、辞書を引くタイミングなど。

ちなみに、本書には英語は一切書かれていない。

このレビューは参考になりましたか?

えいごのつぼ

Posted by ブクログ 2011年03月14日

帯にあるように、「英語を学ぶすべての人がまず、おさえること」 が掲載されている。英語を学習することがどれだけ楽しいことか感じさせてくれるし、学習へのハードルをぐっと下げてくれる。学習の効率をあげる内容も紹介されているので、すぐに学習に活かすことができる。

このレビューは参考になりましたか?