かりん増血記1

かりん増血記1

作者名 :
通常価格 594円 (540円+税)
獲得ポイント

2pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「……あたし、もう、我慢でき、な……」驚きで身をこわばらせた少年に、真紅果林はいっそう強くしがみつく。次の瞬間、二本の牙が彼の喉へ深々と刺さった! ここまでなら正真正銘の吸血鬼。しかし果林は毎日溢れ出す血を噛んだ相手に与えなければならない、吸血ならぬ増血鬼だった! しかもクラスメイトの雨水健太が近くに来ると血が溢れ出し、果林は恥ずかしくて仕方がない!! そんな果林が噛んだ相手が美少年で御曹司だったもんだから、学園中を巻き込んだ大騒動に――。果林に平穏はやってくるのか!? ドジっ子増血鬼が巻き起こす、ラブコメ増血ミステリー! ドラゴンエイジの人気コミックスがノベライズで出血大登場!!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / 富士見ファンタジア文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
富士見ファンタジア文庫
電子版発売日
2012年08月03日
サイズ(目安)
10MB

かりん増血記1 のユーザーレビュー

レビューがありません。

かりん 増血記 のシリーズ作品 1~9巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~9件目 / 9件
  • かりん増血記1
    594円(税込)
    「……あたし、もう、我慢でき、な……」驚きで身をこわばらせた少年に、真紅果林はいっそう強くしがみつく。次の瞬間、二本の牙が彼の喉へ深々と刺さった! ここまでなら正真正銘の吸血鬼。しかし果林は毎日溢れ出す血を噛んだ相手に与えなければならない、吸血ならぬ増血鬼だった! しかもクラスメイトの雨水健太が近くに来ると血が溢れ出し、果林は恥ずかしくて仕方がない!! そんな果林が噛んだ相手が...
  • かりん増血記2
    594円(税込)
    吸血鬼と知っても秘密を守ってくれるクラスメートの雨水健太を、真紅果林はほんのり意識しているものの、二人は友達のまま。ところがある日果林は、健太が自分の傘を修道衣の少女に渡し、雨に濡れて帰る様子を偶然目撃してしまった! 「きっとただの知り合いよ。そんなにショック受けないの!」「う、受けてないってば! あははははははは!!」友人の時任麻希にはそう励まされるが、果林は自分でもわけ...
  • かりん増血記3
    594円(税込)
    夏休みに喫茶店でバイトしていた果林は、つまずいて雲母という少女の服にカレーをかけてしまう。巨乳好きの雲母は果林に目をつけ、別荘へ臨時のメイドのバイトに来いと言う。給料に目がくらんだ果林は承諾してしまう。
  • かりん増血記4
    594円(税込)
    電車で痴漢にあった果林は偶然、妹の杏樹の学校で代用教員をしている秀実に助けられる。秀実に猛アタックをかけられ、雨水くんとの間で揺れ動く果林……。しかし、秀実には良くない噂と、逃れられないトラウマが!
  • かりん増血記5
    594円(税込)
    果林がヴァンパイアだという秘密を知っている健太は、道ばたで転んで途方に暮れる少女・彩羽を助ける。そんな健太に好意を持った彩羽は健太の身辺を探り始めるが、それを果林の秘密を探っていると勘違いする健太……。
  • かりん増血記6
    594円(税込)
    健太との仲がいまいち進展しない果林のまえに突然現れたのはジェイクというアメリカ人の少年。さらに開口一番「自分のパパを捜してる。パパの名前はヘンリー」とやったもんだから果林は大混乱。あのパパが浮気!?
  • かりん増血記7
    594円(税込)
    すったもんだがありながら健太とラブラブ状態になり、幸せをかみしめる果林。そんな果林の〈血の秘密〉を狙って、近づいてくる謎の女性の影があった。そうとは知らず、親友・麻紀の恋の相談を受ける果林だったが……。
  • かりん増血記8
    594円(税込)
    果林に近付いてきた新たなヴァンパイア・ノエルが杏樹に囁いた言葉。それは、「本当は果林を、自分だけのものとして置いておきたいんじゃないの? 雨水健太を本気で信用できるの?」というものだった――。
  • かりん増血記9
    594円(税込)
    果林とラブラブだったはずの健太がなんだかおかしい!? なぜか健太は、落ちこぼれ吸血鬼・果林が人間の敵だと言って遠ざけようとする。そんな二人を杏樹は静かに見守る。彼女には、ある思惑があったのだが……。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

かりん 増血記 に関連する特集・キャンペーン