PandoraHearts1巻
  • 完結

PandoraHearts1巻

作者名 :
通常価格 618円 (562円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

【お前の罪…それは――、お前の存在そのものだ。】
15歳の成人の儀に訪れた紅き厄災・・・その身に覚えのない罪により、永遠の牢獄アヴィスに堕とされたオズ=ベザリウスは「アリス」と出会う――。抗えない運命の歯車が、絶望へと誘うかのように・・・。
(C)2006 Jun Mochizuki

ジャンル
出版社
スクウェア・エニックス
掲載誌・レーベル
月刊Gファンタジー
ページ数
183ページ
電子版発売日
2012年03月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
37MB

    Posted by ブクログ 2013年11月25日

    貴族の少年が「お前の存在そのものが罪だ」といわれ、アヴィスと呼ばれる地獄に落とされた謎を解明していくお話。
    主人公オズがアヴィスに落とされたことの他にも、アヴィスを脱出する方法、オズの家が英雄と呼ばれている理由、従者であるギルバートの出生など謎が謎を呼び、これからどうなるのかが読めません。ただ一つ一...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月25日

    15巻まで読みました。
    ときどきグロい絵がでてきてびっくりするけど、絵がきれいだし
    内容が重いにもかかわらず、ギャグがあって面白い!

    オズとギルバートの関係が好き(純粋な意味で)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月24日

    アニメ化と同時に読み始めました。
    読めば読むほど、その世界観に魅入ってしまいました。
    周りの人との関係、支えなどにより、一歩ずつ成長していくオズ。
    失われたカケラを探す途中、仲間という存在に気づき始めるアリス。
    オズの笑顔を守り続けたいギルバートの苦悩。
    償いを求め続け、サブリエの悲劇の真相を求め続...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月24日

    大好きな作品。あっと驚くストーリーに心理描写が細かくて素晴らしい。重い話なのにギャグも面白くて絵も綺麗です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月14日

    こういうダークファンタジーって感じが好きwwオズがどんどんあれやこれやになってったりアリスがどんどんかわゆくなっていくのが見所…!(殴
    オズとギルの主従関係が好きなだぁ♪お互いがお互いを補ってる感じが、なくてはならない無二の人って感じで憧れるwww
    あと、エコちゃん可愛い(≧∀≦)b

    集めてるのの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月04日

    ぱんどらは結構、内容が難しくて
    買ってから何回も読み直してますねぇ笑
    やっぱ馬鹿にはむずk((
    まぁ、でもたまにコメディとかはいってるのもいいですね。
    これからも頑張って読むぞっ!!w

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月15日

    とにかく面白い!
    少し異空間な話でぐろい場面も出てくるけれど、
    人の生きている理由や絆が表された作品です。
    私の心に残った主人公オズの台詞
    「無関心でなければ、それはもう無関係じゃないんだ!」
    早く次の巻が読みたくなります!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月23日

    深いんだけど、でもちゃんとコメディーも入ってて楽しいシリーズです。今現在で5巻まで買って読みました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月23日

    「お前の罪ー・・・それはお前の存在そのものだ」
    なんでしょう?!この言葉の意味は??これからわかっていくのかな??

    オズとアリス、この2人には多くの謎が隠されていそうvこれからどうなっていくのか楽しみです!
    蒼星的にはブレイクが一番気になってますが(笑)あの人素敵だ・・・

    裏表紙までチェックして...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月16日

    アニメ始まる前の予習として読み始めた。
    内容がゴチャっとしてて最初は読みにくいんだけど、
    試練だと思って何度も何度も読み返したら凄く良かった。
    なかなかデカい規模で話が動く。
    ただ大人の顔がちょっと似てるとこが困る(笑)こんがらがる。
    進むたび面白くなっていってます!今後にまだまだ期待!

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 全24巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 24件
  • PandoraHearts1巻
    完結
    618円(税込)
    【お前の罪…それは――、お前の存在そのものだ。】 15歳の成人の儀に訪れた紅き厄災・・・その身に覚えのない罪により、永遠の牢獄アヴィスに堕とされたオズ=ベザリウスは「アリス」と出会う――。抗えない運命の歯車が、絶望へと誘うかのように・・・。 (C)2006 Jun Mochizuki
  • PandoraHearts2巻
    完結
    618円(税込)
    【汚れてしまったんだ、――それでも、許してくれるというのなら。】 底の見えない漆黒の闇・アヴィス。その深淵より舞い戻ったオズ=ベザリウスに過酷な現実が襲い掛かる・・・胸の刻印の痛みと共に――――。 (C)2006-2007 Jun Mochizuki
  • PandoraHearts3巻
    完結
    618円(税込)
    【傍にいてくれれば――――…ただ、それだけでよかった。】 若き罪人(とがびと)に歪みをもたらし言葉(じゅそ)は、忘れえぬ記憶の残滓。己の存在さえも否定されたその瞳は、一切の光を拒絶する・・・。 (C)2007 Jun Mochizuki
  • PandoraHearts4巻
    完結
    618円(税込)
    【…さあ、おしおきの時間です。】 孤独なアリスが虚無にとらわれ、黒き翼と沈黙の牙が交錯せし時、オズ=ベザリウスは彼(か)の人物と合間見える――――。全ての事象が定められていたかのように・・・。 (C)2007 Jun Mochizuki
  • PandoraHearts5巻
    完結
    618円(税込)
    【壊してしまおう、アリスという存在を――――…。】 100年前の災害、そのときアリスはそこに居た。秘められた記憶の中、導き出された結論は存在の消去。それこそが彼女の救いであるかのように・・・。 (C)2007-2008 Jun Mochizuki
  • PandoraHearts6巻
    完結
    618円(税込)
    【坊やはれっきとした「加害者」だわ。】 白き衣を身にまとい学園へと踏み込んだオズ達の前に、紅き死神が舞い降りる。繰り広げられる紅と白のアンサンブルは静かなる学び舎に波瀾をもたらす――。あたかも、己の心が描きだされるかのように…。 (C)2008 Jun Mochizuki
  • PandoraHearts7巻
    完結
    618円(税込)
    【跪いて乞いなさい、このブタ共!】 100年前の情報を得るために、四大公爵が一つ・バルマ公と謁見を果たしたオズ達。そこで彼らは、隻眼の道化師の隠された過去を垣間見る――――。忘却さえも許されないように…。 (C)2008 Jun Mochizuki
  • PandoraHearts8巻
    完結
    628円(税込)
    【「アリス」それが私達に与えられた名だ。】 かつて紅眼の亡霊と呼ばれし愚者が、アヴィスの底で出会った白き少女とは…? 胸に秘めたいくばくかの希望、それこそが罪であるかのように…。 原案となった読み切り作品「パンドラハーツ」特別掲載! (C)2004,2008-2009 Jun Mochizuki
  • PandoraHearts9巻
    完結
    618円(税込)
    【もういいよ、君はいらない――――。】 闇の中に光を求め、かつての首都・サブリエの奥を彷徨う探求者達。そこにあるのは真実か絶望か――――…。見えない明日を探すかのように…。 (C)2009 Jun Mochizuki
  • PandoraHearts10巻
    完結
    618円(税込)
    【君にとって必要なのは本当に彼なのか?】 その扉を開いてはいけない、そこには災いが詰まっているのだから…。 100年前のサブリエで禁断の扉を開いたのは、ただ兄を護りたいという一途な願い。 その願いは魂を侵食する、愚かで甘美な猛毒のように…。 (C)2009 Jun Mochizuki

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています