楽園まで

楽園まで

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

作品内容

静かに、深く雪が降り続ける世界――。双子の姉弟・ハルカとユキジは「悪魔」と呼ばれ、「狩人」に追われていた。あることがきっかけで、言葉と感情を失ったユキジの手を引きながら旅をするハルカは、偶然出会った青年のウォーテンに、旅の理由を聞かれた……。ハルカはそっと答える。「私たちは〈楽園〉を探しているんだ」。第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞受賞作。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / その他男性向けラノベ
出版社
徳間書店
掲載誌・レーベル
徳間文庫
電子版発売日
2012年03月09日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

楽園まで のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年08月23日

    幸せになりたかった。
    誰かに愛されたかった。
    楽園を信じていた。

    雪が降り続ける世界で、「悪魔」と呼ばれ狩人に追われる双子の姉弟が旅をする。楽園を探して…。

    17歳の高校生が書いたとは思えない完成度。
    少し泣いてしまいました。
    表紙の絵もきれい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月11日

    楽園は存在するのか否か。凄くよかったと思う。一言で表すなら”楽園を探す”話。話の背景は中世末期のヨーロッパを思い浮かべればしっくりくるんじゃないかなと思う。
    ”楽園”という存在しうるか分からないものに縋り、夢見て旅を続ける二人。平和な時代になぜその二人は楽園を求め続け、犠牲を払いながら町から町へと移...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月20日

    表紙のふんわりとした雰囲気からは想像のつかないほど、悲壮な物語。今を生きる意味を考えさせてくれた。未来に希望が持てないことを、生きるのをやめる理由にはしたくないと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月21日

    終盤に入るにつれて涙、涙、涙。
    とてつもない悲しみに襲われて、
    でも小さな温もりにほっとして。

    結局最後まで泣きながら
    読んだわけですが

    大事な事が何なのか
    それを気づかせてくれます
    一度は読むべきです◎

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月25日

    17歳の方が書いたってのがすごい。語彙が豊富で、でも難解すぎず読みやすいです。
    楽園はどこかにある、と一途なまでに信じるハルカに胸打たれます。周りが楽園はないと言おうと何度も挫けようと進み続ける姿が尊いです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月06日

    静かに、深く雪が降り続ける世界(見事に表現されていると思います)で双子の姉弟・ハルカとユキジは「悪魔」と呼ばれ「狩人」に追われるというお話です。

    ユキジはあるきっかけで言葉を失ってしまうのですがハルカがユキジの手をとり「楽園」を求め旅にでます。そこで偶然あった青年....そして楽園は本当にあるのか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月23日

    表現のtoo much感があったりするけれど、
    ぐいぐい読まされる。切なくも、力強い物語。

    善悪ってなんなんだ?
    正しいことはナンなんだ?
    前にすすもうと愚直に進んでも進んでも、壁に阻まれる。
    そんな現代の若い世代と重ねて見てしまう。

    著者のこれからがとても楽しみ!!

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

徳間文庫 の最新刊

無料で読める 男性向けライトノベル

男性向けライトノベル ランキング

張間ミカ のこれもおすすめ