神曲奏界ポリフォニカ インスペクター・ブラック

神曲奏界ポリフォニカ インスペクター・ブラック

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品は、Android端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

事件は巨大な屋敷の一室で起きた。希代の神曲楽士、オゾネ・クデンダルが後頭部を撃たれ、死亡していたのだ。現場が密室だったことから導き出された第一の容疑者は、彼の契約精霊ニウレキナ。状況は決定的で、容疑は揺るがないかに見えた。だが彼女の瞳の奥に、失った契約楽士への愛と絶望を見つけた時、二人の刑事が立ち上がる。小さなマティアと大きなマナガ。ルシャ市警精霊課、黒の二人-インスペクター・ブラック-。罪の涙が流されるとき、ブルースの調べに乗って“黒の精霊”がその羽根を開く! 最高にカッコイイ“黒のポリフォニカ”登場! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / GA文庫
出版社
SBクリエイティブ
掲載誌・レーベル
GA文庫
ページ数
296ページ
電子版発売日
2011年12月16日
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
3MB

神曲奏界ポリフォニカ インスペクター・ブラック のユーザーレビュー

    文句なしにおもしろい!

    通りすがりのN 2016年08月14日

    この作品のおもしろさはほかの方のレビューでこれでもかと書かれているので自分からは
    「迷わず読め!」と言わせていただきます。
    最後に一言、大迫さん・・・俺はあなたが生み出す作品をもっと読みたかったよ・・・

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月25日

    赤と白の既刊本を全て読破してからの黒。
    ファンタジー系の世界観にミステリーやハードボイルドは・・・という食わず嫌いが間違いだったと思い知った。

    時代背景は赤と同時期で、赤の読者にはとてもわかりやすい。
    むしろ赤で起きる事件の伏線ともなる内容。
    これがシェアードワールド展開のおもしろさだろうなぁ。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    最初は表紙買い。「おおおおじさん(?)と少女?・・・イイ!!」と思って読んでみたらすっごくハードボイルド!(違 この二人の関係もてっきり保護者的なものかと思ったら・・・相棒!?わぁ!わぁ!ツボ!どうやらこの"ポリフォニカ"自体色々赤とか白とかあるみたいだけどもう黒だけでいい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    カレとカノジョと召喚魔法の挿絵担当のBUNBUN氏がこちらでも挿絵担当でございます
    まだ読んだことはありません。←

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月09日

    稀代の神曲楽士を殺したのは、彼の顧問弁護士。
    彼は、犯した罪から逃れる事が出来るのか。

    コロ○ボみたいな始まりです。
    通常こういうものは犯人に感情移入するものですが
    主人公でないためなのか、さっぱり。
    一体どうやって彼の犯行にまでつなげていくのか、が
    気になって仕方ありません。
    別の容疑者を仕立て...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月07日

    ポリフォニカはオリジナルのクリムゾンシリーズを読んでいたのですが、オリジナル以外はいいかな~と思っていたのですが、本格ミステリと聞いて手をだしてみました。

    ポリフォニカの設定をうまく使っていて、正直オリジナルより読み応えあって個人的には楽しめました。主人公2人の関係性とかうまいことだまされてしまい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    ポリフォニカは個人的に黒>白>赤>>>青かな。男の子視点なら多分これとは真逆。ちなみにレオンは黒からの派生として黒に分類。まあぶるは全カラーの短編集だから分類不可。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    シェアードワールドで展開するポリフォニカワールドに新たな舞台が登場。

    赤のフォロンやコーティカルテが暮らす将都トルバス。
    その同じ将都トルバスはルシャゼリウス市の警察署には、精霊が関与する・もしくは関与されると思われる事件を扱う「精霊課」という部署がある。
    そこに所属する小さな警部と黒き精霊、マチ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月27日

    BUNBUN先生の絵のジャケ買いです(汗)。
    この「ポリフォニカ」シリーズは何種類かあって、
    精霊と共存する世界「ポリフォニカ」を舞台にしている以外は
    それぞれ毛色が違うようですが、この「黒」シリーズは刑事モノ。
    設定と裏腹に王道刑事モノでした。

    大きいマナガと小さいマティアの関係は、読む前の想像...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    イラストのBUNBUNに惹かれたことと、ミステリーを最近読んでないとゆうことで買いました

    それとGA文庫初めて買ったw

    イラストで買ったんですが、これは面白いミステリーでした

    最初から犯人がわかってて残念だなっと思っていたんですが、段々読むうちに犯人とマナガとマティアのやり取りが非常に面白い
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

神曲奏界ポリフォニカ ブラック のシリーズ作品 1~14巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~14件目 / 14件
  • 神曲奏界ポリフォニカ インスペクター・ブラック
    事件は巨大な屋敷の一室で起きた。希代の神曲楽士、オゾネ・クデンダルが後頭部を撃たれ、死亡していたのだ。現場が密室だったことから導き出された第一の容疑者は、彼の契約精霊ニウレキナ。状況は決定的で、容疑は揺るがないかに見えた。だが彼女の瞳の奥に、失った契約楽士への愛と絶望を見つけた時、二人の刑事が立ち上がる。小さなマティアと大きなマナガ。ルシャ市警精霊課、黒の二人-インスペクタ...
  • 神曲奏界ポリフォニカ サイレント・ブラック
    現場に残された死体は、ものすごい力で全身をバラバラに引きちぎられていた。だが検死解剖の結果は、不可解なものだった。死体に精霊雷のあとがなく、足跡もない。人間業ではない犯行、だが精霊がやったとするには不自然。それがマナガとマティアのぶつかったジレンマだった。だが捜査が進み、次の被害者がでて、点が線につながったとき、マナガとマティアは十九年前の、ある禁断の実験にたどり着く。実験...
  • 神曲奏界ポリフォニカ プレイヤー・ブラック
    思わぬ長期休暇に喜び勇んで出かけたマナガとマティア。だが5人の若者と楽しく過ごすはずだった夜は、突然の爆発によって破られた! 山に潜む“なにか”が迫りくるなか、マティアは謎を解くことができるのか! 降って湧いたような突然の休暇。にんまりしながらスキーにでかけた二人だったが、宿はすべて予約で満員。ようやく学生四人が遊びに来ている山荘に拾われたまではよかったが、楽しいはずの一夜は...
  • 神曲奏界ポリフォニカ トライアングル・ブラック
    男は死体の傍らに膝をついていた。レオンガーラ・ジェス・ボルウォーダン。被害者である年老いた神曲楽士と、かつて契約関係にあった精霊。殺人の嫌疑をかけられ、追われるレオンのとった行動とは!? 土砂降りの未明、閑静な住宅街の自室で、女性神曲楽士トガノ・キャリアダはその一生を終えた。何者かに撲殺されたのである。マナガとマティアは被害者の娘・マカリーンの証言を得、殺害現場から消えたと...
  • 神曲奏界ポリフォニカ レゾリューション・ブラック
    「何度も何度も言うけどね、どデカい坊や、その子は人間なんだよ。しかも、まだ一七の女の子だ」集中治療室でカリナの言葉を反芻するマナガの前には、酸素マスクをし、点滴の管をつけたまま静かに眠るマティアの姿があった……。万全の警備体制を誇るトルバス都立神曲博物館から忽然と姿を消した伝説の単身楽団「氷の女王」。射殺された警備員とカメラに写らない犯人の謎。マティア抜きで捜査を続けるマナガ...
  • 神曲奏界ポリフォニカ ペイシェント・ブラック
    テラマ・シュレディングが最後に見たのは、愛車にまたがったまま進んでいく自分自身の身体だった。いつものルートをいつものように走り、そして家に帰るはずの夜、彼は一瞬で絶命した。環状高速で起きた多重衝突の現場に駆けつけたマナガとマティアが見たのは、衝突して壊れた車と、あり得ない精度で切断された男の頭部だった。その状況から精霊による殺人の疑いをもった二人は、被害者の身辺を捜査するの...
  • 神曲奏界ポリフォニカ メモワーズ・ブラック
    ある日マナガとマティアが街で出会った宿無しの少女シェリカ。2年前、父親が強盗傷害で逮捕されて以来、父の無実を知る少女は街で生き抜いてきた。身元を隠し、美しい金髪を隠し、身の危険を感じながら、誰にも頼らず誰も信じず、たった一人で戦ってきたのだ。だがマナガとマティアに心を開いたとき、孤独な少女は胸に秘めていた願いをつぶやく。「パパを助けて」有罪の決め手となった監視カメラの映像に...
  • 神曲奏界ポリフォニカ リライアンス・ブラック
    「あたしじゃないよ!」トルバス・ミュージック・ドームで発見された死体は、単身楽団を背負い、手足を縮めた異様な姿勢で倒れていた。現場で想定されたのは、単身楽団の漏電による感電死。だが検視の結果判明したのは、背負っている単身楽団には何の異常もなく、かつバッテリーの電圧では感電死するにはいたらない、という事実だった! 相反する状況にとまどうマナガとマティアだったが、捜査線上にシェ...
  • 神曲奏界ポリフォニカ アイソレーション・ブラック
    絶海の孤島にそびえたつ巨大リゾートホテル。きらめく太陽と蒼い海。マナガこそいないものの、オミテック社のパーティに招かれたシェリカとマティアは、そんな夢のような休暇を満喫できるはずだった。そう、ツガ・ラジウェーナが絶命する、その瞬間までは。事故なのか事件なのかもわからない状況で、捜査に着手するマティア。もし事件ならパーティの最中、何人もの客が見守るなか、犯人はどうやって彼女だ...
  • 神曲奏界ポリフォニカ リベレーション・ブラック
    「あたし、変だ」 突き上げる憎悪と殺意。止められない拳の震え。マティアは自分の中にある制御不能な衝動に戦慄した。殺したい。今すぐに。目の前のこいつを! 密室だった現場に残されていたのは、二人の男性と脱ぎ捨てられた女性の衣服。だが部屋の中に女性の姿はなく、男性の一人は不可解な死体となって転がっていた。そこには女性も凶器も存在せず、精霊の出入りも不可能という状況。捜査が進むにつ...
  • 神曲奏界ポリフォニカ アドレイション・ブラック
    「あなたは心の中に深い喪失を抱えておられるのね」 レプリシアの澄んだ声が静かに、しかし確実にマナガの心を震わせる。「そしてあなたにも、そのことは話していないはずですね」 次に、彼女が告げた相手は、マティア。少女はただ、沈黙をもって応えるだけだった……。レプリシアが持つ「すべてを見通す」という力。それはマナガの抱える「罪」でさえも白日の下に晒すほどの異能なのか。マティアとマナガ...
  • 神曲奏界ポリフォニカ プロミスト・ブラック
    「あの子……死にたがってるのよ」 視線を逸らすティグレアの呟きに、マナガは言葉を失った。最愛の父、そして母の死……。マティアに……まだ11歳の少女にとって、それはあまりにも苛烈で重すぎる試練だった。そう、自身の死にしか、希望を見出せないほどに……。少女は笑わない。心は硬い殻の中に閉じ込められたまま……。まだ死んでいないから生きている、ただそれだけ……。旧き精霊は少女の凍りついた心を救う...
  • 神曲奏界ポリフォニカ アドヴェント・ブラック
    「マチヤ・マティアさんの演奏は、神曲ではない」 マトリ監査官によって告げられた衝撃の一言。動揺するマナガとマティアだったが、そこに時を同じくして奇妙な連続傷害事件が発生した。被害者の傷は、いずれも幅7センチ、深さ約10センチ。胸を刺されていたが重要な血管や臓器はきれいに避けられており、殺意は見えない。ではいったい誰が、何のために!? 捜査を進めるうち、浮かび上がってきたのは...
  • 神曲奏界ポリフォニカ インタルード・ブラック
    「ありがとう」 だが、マナガは首を振った。 「違うさ。私とお前さん、二人だから出来るんだ」 マティアは、少し考えて、それから頷いた。 「うん、チーム・ワークだ」 「そうだ。チーム・ワークだ」 マティアは顔を上げると、かすかにマナガに向って微笑んだ――。 「神曲奏界ポリフォニカ まぁぶる」シリーズ掲載の作品に、二人が精霊警官として歩み始め、チームとして手探りの状態だったときの初...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています