新編 単独行

新編 単独行

作者名 :
通常価格 616円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

1930年代前半、国内高峰の冬期登山が一般的ではなかった時代に、たったひとりで厳寒の北アルプスを駆け抜け、「不死身の加藤」との異名をとった加藤文太郎。 風雪の槍ヶ岳・北鎌尾根に消えたその生涯は、新田次郎の小説『孤高の人』(新潮社)でも知られ、谷甲州の『単独行者』(山と溪谷社)にも描かれているが、彼の真実は残された著作にある。 加藤の遺稿集『単独行』を新たな視点で編集し直し、時代背景などの詳細な解説を加え、ヤマケイ・クラシックスシリーズとして生まれ変わった『新編・単独行』の文庫版を電子化しました。

ジャンル
出版社
山と溪谷社
ページ数
352ページ
電子版発売日
2011年10月28日
コンテンツ形式
XMDF

Posted by ブクログ 2019年02月05日

単独登山者「加藤文太郎」の遺稿集

決して 面白い本じゃないです
でも 登山が好きな人 特に日本アルプスを登った人は 文太郎が登ったところが目に浮かんでくると思うので 面白く読めるのではないでしょうか?
(自分は登ったことがないので まったく分かりませんでした ^_^;)

ただ 文章が古いので 多...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「加藤文太郎」のこれもおすすめ

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは16,856

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!