売る男、買う女

売る男、買う女

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「前戯は最低でも一時間半。だいたい失神させてます」ヒカル(26)。「ホストを始めたのは、自分が本当に好きになれる女性を探したかったからなんです」澪(24)。「オレ、嫌なんです。お金でセックスするのって」翼(23)――暗く汚い商売だと思われがちなウリセンや出張ホスト。「軽い」「騙す」「口先だけ」そんなイメージの彼らだが、その素顔は、時として純情、時として強がりな、普通の男なのかもしれない……。男たちは、何ゆえに身体を売るのか? 女たちは、何を求めて男を買うのか? 元風俗嬢であり、元ウリセンの彼氏をもつ著者による迫真のノンフィクション!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
新潮社
ページ数
188ページ
電子版発売日
2011年10月21日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

売る男、買う女 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2012年03月04日

    ウリセンバーで働く男子のほとんどはのんけ
    それでも、金の為に男に掘られ
    癒しの為に風俗へ行き女子に癒される。

    やはりかわいい美人な女子の客はいいんだね
    風俗で働く女子だって同じ
    ブチャイクよりイケメンの方がいいでしょ。

    田舎にはそんなバーは無いけど
    もしあったら働いていたかも…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月25日

    元風俗嬢が、売る男達にインタビューする。デート専門も1名いたが、他は出張ホスト、売り専門のバーで働いている(もしくはいた)。目的はお金。みんなイケメンらしい。しかし男女の風俗とも客は男って…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    タイトルを見て読んでみたくなった。売る男たちのインタビュー本。売る男たちのそれぞれの価値観が浮き彫りになり、それに作者の思考が絡まりあう。インタビューの部分に多少、パンチが弱い部分はあるけれど、人に巣食う寂しさを職業として埋めていくことについて、なんとなく考え込んでしまった。売る男たちの共通点は、買...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング