松下政経塾とは何か

松下政経塾とは何か

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

カリスマ経営者・松下幸之助が創立してから四半世紀を迎えた松下政経塾。塾出身の議員・首長は数十名となった。彼らは、閉塞し危機に瀕した日本の救世主か? それとも、老人の妄執が生み出した現代のドンキホーテなのか? 政治家を志し、政経塾に集まってきた若者たちの群像、彼らの成長や挫折の軌跡を追いながら、ここまでに至る塾の歴史と実態、さらにその功罪を明らかにする。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 政治
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
223ページ
電子版発売日
2011年09月22日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

松下政経塾とは何か のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年02月16日

     某掲示板の政治関連の記事を見ていると時々目に飛び込んでくる「松下政経塾」という単語。松下幸之助が作った事以外は何も知らなかったので、知るために読んだ本。

     読み終えた後の率直な感想は、「やはりどんな崇高な目標を掲げた組織も、人間関係で大きく揺らいでしまうのだな」というものだった。
     「地盤、看板...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月23日

    [ 内容 ]
    カリスマ経営者・松下幸之助が創立してから四半世紀を迎えた松下政経塾。
    現在、塾出身の議員・首長は総勢六十名となった。
    彼らは、閉塞し危機に瀕した日本の救世主か?
    それとも、老人の妄執が生み出した現代のドンキホーテなのか?
    政治家を志し、政経塾に集まってきた若者たちの群像、彼らの成長や挫...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月15日

    最近因縁を感じ始めたので、読んでみた。

    小物臭がするな~とは思っていたが、

    やっぱり実際のところも政経塾出身の者は選挙の仕方だけを学んだ成り上がり者にしか過ぎない。

    民主主義を破たんに追いやる一因になるのは間違いないだろうな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    今日では政界に多くの門下を輩出するようになった松下政経塾についてよくわかる本。著者は松下政経塾の存在意義に懐疑的で、批判的な文章も多い。一時期は赤字運営で経営が厳しく、さらに塾生と職員の軋轢も絶えなかったというのは意外でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月26日

    卒業生を中心に松下政経塾関係者に対する取材を元に、松下政経塾について書かれた本。取材に基づいているため説得力はないが、松下政経塾がどのような組織なのかは概観できた。内容は薄い。印象に残る松下幸之助の言葉を記す。
    「私は、欲望は力であり、人間の活力であると思っています。だから尊いものであり、どれも格...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月10日

    マンションで読む。再読です。非常に読みやすい本です。また、しっかり取材もしています。再読の価値ありです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月28日

    知人が数年前に入塾したのだが、上昇志向ばかりが強いように思える人物なので、こういった人材をピックアップする機関とはどういったところなのか、興味を持った。

    どうやら塾は発足当初、保守二大政党を目指すとしながら、現実路線とは離れた、ある意味で思想家を探していたように見受けられる。だから塾内には本当の意...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月23日

    民主党政権できる5年前に出版された本です。
    前原誠司(外務大臣)、野田佳彦(財務大臣)、玄葉光一郎(内閣府特命担当大臣)や山田宏(日本創新党党首・前杉並区長)、中田宏(日本創新党代表幹事・前横浜市長)の名が出てきます。
    現在のそれぞれの立場を思い描きながら読むと面白いかもしれません。

    それから、本...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    松下政経塾について書かれた本です。

    松下さんは本業だけでなくPHP研究所、そして政経塾も作っていました。
    ここでは、新党構想などがあったことも書かれていますが、最終的には松下さんの
    死後、政経塾の方向性そのものが変わっていってることを著者は嘆いているように
    思えます。

    ですが、現実は少しずつです...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮新書 の最新刊

無料で読める 社会・政治

社会・政治 ランキング