荒波越えて 八丁堀 裏十手8
  • 最新刊

荒波越えて 八丁堀 裏十手8

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

三宅島に流された倅に迫り来る剣呑な影……父左門は決死の渡海!

「老虎」嵐田左門の最後の戦いが始まった。江戸では心形刀流宗家の伊庭軍兵衛、御様御用首斬り役の山田父子ら裏十手の仲間が支える。
廻方同心「北町の虎」感動と瞠目の最後の裏十手!

北町奉行所の廻方同心「北町の虎」こと嵐田左門は六十四歳。法で裁けぬ悪党どもを叩き潰すべく、岡っ引きの鉄平、元裏稼業人の中山政秀、御様御用首斬り役の山田父子、心形刀流宗家の伊庭軍兵衛らと「裏十手」で共に戦ってきた。折しも、伊豆韮山代官の江川英龍から、故あって三宅島に流刑された息子・嵐田角馬に迫る危機を知らされた。ここに、左門の最後の戦いが始まった。

ジャンル
出版社
二見書房
掲載誌・レーベル
二見時代小説文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2016年02月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

荒波越えて 八丁堀 裏十手8 のユーザーレビュー

レビューがありません。

八丁堀 裏十手 のシリーズ作品 1~8巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~8件目 / 8件
  • 間借り隠居 八丁堀 裏十手1
    悪党どもに「北町の虎」と恐れられた廻方同心の嵐田左門は還暦を機に息子に家督を譲った。だが息子は同心株を売って謎の出奔。やむなく左門は昨日までの己の屋敷の離れに間借りする羽目に。同心株を買い戻すべく左門は、町奉行所では手に余る事件に始末を付ける仕事で報酬を得ることにした。老いても衰えぬ剣技と知恵で、混迷する天保の世に立ち向かう。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • お助け人情剣 八丁堀 裏十手2
    廻方同心「北町の虎」こと嵐田左門は引退後もますます元気。法で裁けぬ悪を退治せんと「裏十手」を振るうが、目付の鳥居耀蔵に睨まれ小人目付衆との死闘で絶体絶命の危機に。左門の危機に、岡っ引きの鉄平、御様御用首斬り役・山田家の若き夫婦剣客、算盤侍の同心・半井半平の四人は……。一方、蛮社の獄で永牢中の大物蘭学者・高野長英から左門に内密の依頼が舞い込んだ。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 剣客の情け 八丁堀 裏十手3
    嵐田左門、六十二歳。「北町の虎」と謳われた辣腕同心だったが隠居して息子の角馬に家督を譲った直後、角馬は同心株を売り払って出奔し行方知れず。この半年、韮山代官の江川英龍に頼まれ、心形刀流、起倒流の剣客として武州・甲州の悪党退治の旅を続けてきた。折しも韮山代官から、角馬が大塩平八郎の残党とともに武器弾薬を船に積んで江戸に密かに向かったという書状が……。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 白頭の虎 八丁堀 裏十手4
    悪党どもに「北町の虎」と恐れられた廻方同心の嵐田左門は還暦で引退したが、北町奉行遠山景元の推挙で六十二歳にして現役に復帰した。復帰早々、奉行の遠山から密命が下された。奉行所の権威を損ねる悪徳与力を内々になんとかしてほしいというのだ。一方、蛮社の獄で永牢中の蘭学者・高野長英から左門に内密の依頼が寄せられた。仏と謳われる豪商の裏を暴いてほしいという。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 哀しき刺客 八丁堀 裏十手5
    廻方同心「北町の虎」こと嵐田左門は還暦で引退したが、北町奉行遠山景元の推挙で現役に復帰した。夜更けの大川端で左門は、かねて顔見知りの若侍が、待ち伏せして襲いかかってきた武士たちを居合で一刀のもとに斬り伏せた現場を目撃した。若侍はいつも回向院の境内で界隈の子供らの遊び相手をしている心優しき若者であった。柔和な若侍がなぜ襲われたのか……。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 新たな仲間 八丁堀 裏十手6
    北町奉行遠山景元の推挙で現役に復帰した廻方同心「北町の虎」嵐田左門(六十三歳)は奉行に呼び出された。昨夜起きた、銭の亡者・沢野勾当殺しの件だった。小具足の技を遣う若き裏稼業人・中山政秀の仕業と、奉行は見抜いていた。その裏稼業人に、鳥居耀蔵が率いる南町奉行所の悪徳同心が罠をかけてきたのを知った左門と裏十手の仲間たちは、いかにして立ち向かうのか……。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 魔剣供養 八丁堀 裏十手7
    御様御用首斬り役の山田朝右衛門から世にも奇妙な相談! 「余の刀が泣いておる……」 青年大名を夜毎悩ます怪に「北町の虎」こと嵐田左門と裏十手の一党が立ち向かう。 将軍拝領の魔剣の謎とは? 廻方同心「北町の虎」大人気シリーズ第7弾! 江戸で起きる事件には、町奉行所の力では解決できぬことも数多い。北町奉行所の廻方同心「北町の虎」こと嵐田左門は、そんな法で裁けぬ悪党どもを叩き潰すべく、...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 荒波越えて 八丁堀 裏十手8
    三宅島に流された倅に迫り来る剣呑な影……父左門は決死の渡海! 「老虎」嵐田左門の最後の戦いが始まった。江戸では心形刀流宗家の伊庭軍兵衛、御様御用首斬り役の山田父子ら裏十手の仲間が支える。 廻方同心「北町の虎」感動と瞠目の最後の裏十手! 北町奉行所の廻方同心「北町の虎」こと嵐田左門は六十四歳。法で裁けぬ悪党どもを叩き潰すべく、岡っ引きの鉄平、元裏稼業人の中山政秀、御様御用首斬り役...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

八丁堀 裏十手 に関連する特集・キャンペーン