ゴーストタウンの薔薇 愛を約束された町 I

ゴーストタウンの薔薇 愛を約束された町 I

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ウェストン家のサヴァンナほど気立てのいい娘はほかにいなかった。花や動物をこよなく愛し、人にはいつもやさしく接する。だが、両親が鉄砲水でなくなり、弟が遺産を独り占めして失踪して以来、サヴァンナと兄のグレイディの生活には暗い影が差すようになった。そんな生活の中で、サヴァンナは薔薇の栽培に慰めを求めた。今日も、兄に行くことを禁じられているゴーストタウンまで珍しい薔薇をさがしに行ってきたところだ。その帰り道、トラックが故障して困っているカウボーイ、ラレードと出会った。持ち前の親切心から、ラレードを自分のトラックに乗せたサヴァンナは、彼が薔薇に詳しいと知って、おとなしい彼女には珍しく話をはずませた。そして、ラレードが仕事にあぶれていると知り、兄の大反対を押しきって、彼を雇うことにした。そう、それが、内気なサヴァンナが変わりはじめるきっかけだった。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ハーレクイン・ロマンス小説
出版社
ハーレクイン
掲載誌・レーベル
ハーレクイン・イマージュ
ページ数
160ページ
電子版発売日
2011年09月09日
サイズ(目安)
1MB

ゴーストタウンの薔薇 愛を約束された町 I のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

愛を約束された町 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • ゴーストタウンの薔薇 愛を約束された町 I
    ウェストン家のサヴァンナほど気立てのいい娘はほかにいなかった。花や動物をこよなく愛し、人にはいつもやさしく接する。だが、両親が鉄砲水でなくなり、弟が遺産を独り占めして失踪して以来、サヴァンナと兄のグレイディの生活には暗い影が差すようになった。そんな生活の中で、サヴァンナは薔薇の栽培に慰めを求めた。今日も、兄に行くことを禁じられているゴーストタウンまで珍しい薔薇をさがしに行ってきたところだ。その帰り道、トラックが故障して困っているカウボーイ、ラレードと出会った。持ち前の親切心から、ラレードを自分のトラックに乗せたサヴァンナは、彼が薔薇に詳しいと知って、おとなしい彼女には珍しく話をはずませた。そして、ラレードが仕事にあぶれていると知り、兄の大反対を押しきって、彼を雇うことにした。そう、それが、内気なサヴァンナが変わりはじめるきっかけだった。
  • 幸運を呼ぶキス 愛を約束された町 II
    父が病死し、母が町を出ていったあと、エリーは気丈にも、一家の食料雑貨店を一人で切り盛りしていた。そんな彼女の心の支えは、兄とともに牧場を経営しているグレンだ。二人は、誰もが認めるいい友達同士だった。ある夜、父の思い出にひたっていたエリーのもとへグレンがやってきた。彼にやさしく慰められ、エリーは涙がとまらなくなってしまう。そのときだった、グレンがそっとキスをしたのは。彼のキスはすばらしかった。まるで恋人のキスのように……。それ以来、二人の仲はなんとなくぎくしゃくしてきて、しかも、女たらしで有名なウェストン家の末弟リチャードが、エリーに興味を示しはじめたから、グレンも穏やかではいられない。ダンスパーティの夜、エリーを奪い合って、二人の男は殴り合い寸前に。なにもかもあのキスから始まったんだわ。私とグレンの友情はいったいどうなってしまうの?
  • 待ちわびた告白 愛を約束された町 III
    牧場主のグレイディと、町の郵便局長のキャロラインは幼なじみ。だが、顔を合わせれば喧嘩になってしまう。キャロラインが女手一つで育てている五歳の娘のマギーが、粗野なグレイディを怖がることも問題だった。そんなとき、グレイディの弟のリチャードが、兄が彼女に気があることを察し、マギーがなついているのをいいことに、キャロラインに接近し始めた。さすがのグレイディもそれには色めきたった。弟とはいえ、女たらしのリチャードにキャロラインを取られてはたまらない。リチャードが町の教会のパーティに彼女を誘うと宣言するに至って、ついにグレイディも心を決めた。キャロラインを誘うのはこの僕だ。リチャードより先に、この胸の思いをきっぱりと告白してみせる。
  • 西部のプリンセス 愛を約束された町 IV
    プロミスの診療所に赴任してもう数カ月たつのに、ジェーンはいまだに町の人々に溶けこめなかった。それでも、同年代のエリーと親しくなり、変化の兆しは見えていた。ある日、エリーがジェーンのためにブラインドデートを企てた。相手はキャルで、エリーの夫となったグレンの兄だった。二年前、キャルは婚約していた都会の女性に結婚式の直前に逃げられ、女性はもうこりごりだと思っていた。だが、町になじもうとするジェーンに、キャルは好感を持ち始める。ちょっとのあいだ楽しむだけならいいかもしれない。しかし、もちろん、ちょっと楽しむだけではすまなかった。ジェーンはキャルにとって、抵抗しがたいほど魅力的だったのだ。このままでは、また同じ過ちを繰り返すことになりかねない。でも……。
  • 最初で最後のラブレター 愛を約束された町 V
    ネルは最愛の夫ジェイクを三年前に不慮の事故で亡くしたあと、二人の子供と義理の母親を抱えて牧場を守ってきた。義母をはじめ、みんなが再婚を勧めるが、そんな気にはなれない。あるとき、ハイウエーに車を走らせていたネルは、路肩に車をとめて写真を撮っている男性に出くわした。きっと都会の人だわ。嵐が来そうだというのに、のんきなものね。ところが牧場に戻ると、その男性が、町の宿は満室なので、牧場の従業員宿舎に泊めてほしいと言ってやってきた。彼の名前はトラヴィス、職業は作家だという。ゴーストタウンのビターエンドのことを聞き、取材にやってきたのだ。そのとき初めてネルは気づいた。彼が亡夫とどこか似ていることに。でもトラヴィスに惹かれてはいけない。ネルは自分に言い聞かせた。そう、彼はいずれ都会に帰っていくのだから……。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

ハーレクイン・イマージュ の最新刊

無料で読める ハーレクイン・ロマンス小説

ハーレクイン・ロマンス小説 ランキング