十津川警部捜査行-北の事件簿-

十津川警部捜査行-北の事件簿-

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

尊敬する先輩刑事を殺したのは誰だ! 定年退職した警視庁の名物刑事・川島が、八カ月後、函館本線の線路際で死体となって発見された。首に絞められた痕があり、函館警察署は殺人事件として捜査を開始した。十津川の調べで、川島は自分が在職中に手掛けた殺人事件の再調査をしていたことが判明した。川島が逮捕した殺人犯は獄死していたが、生前川島に冤罪を訴えた手紙を出していた。その事件の真犯人が川島を殺したに違いない。十津川は重要容疑者を捜し出したが、彼には強固なアリバイが――。

ジャンル
出版社
実業之日本社
ページ数
286ページ
電子版発売日
2011年08月19日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

十津川警部捜査行-北の事件簿- のユーザーレビュー

    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年07月10日

    北海道を舞台とする短編集5話。「北海道殺人ガイド 十津川警部捜査行」は改題とのこと。

    殺意の「函館本線」(十津川警部捜査行宮古行「快速リアス」殺人事件,ハイランド・トレイン高原鐵道殺人事件)
    北の果ての殺意(幻想と死の信越本線,JR周遊殺人事件)
    哀しみの北廃止線(哀しみの北廃止線)
    愛と裏切りの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています