原発と日本の未来 原子力は温暖化対策の切り札か

原発と日本の未来 原子力は温暖化対策の切り札か

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

原子力発電は、「危険」なものから一転、温暖化対策の切り札として「クリーン」なものへとイメージチェンジを遂げた。14基の新設が見込まれ、インドへの輸出が決まり、プルサーマルがはじまる。再処理は、最終処分場は、そして環境負荷は。多くの課題を抱える日本の原発政策およびエネルギー政策を問う。

ジャンル
出版社
岩波書店
ページ数
64ページ
電子版発売日
2011年08月05日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

原発と日本の未来 原子力は温暖化対策の切り札か のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年10月10日

    原発の問題点について、とても分かりやすく説明している。科学的な話は殆どなく、公表された統計データを元に原発「政策」について論じられている。

    約70ページで500円。中学生にはちょっと難しいかもしれないが、高校生の副教材にすると良いのではないか。
    因みに、本書は原発事故の1ヶ月前に出版されている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月10日

    60ページ程度の薄いブックレットであるが、非常に内容の濃い素晴らしい本でした。
    著者の吉岡斉九州大学副学長は現在あまりメディアには出ていないと思うけど、もっと注目すべき学者であると思います。
    最近、反原発のカリスマと呼ばれ注目され始めている高木仁三郎氏などとも一緒に活動していたようです。

    吉岡氏の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月07日

     東日本大震災の直前、2011年2月に発行された本。筆者は以前、原子力委員会専門委員であったとのこと。このような経歴を持っていれば、原発推進の立場をとることが多いと思うが、筆者は「脱原発論者ではないが、…実質的に脱原発論者に近い。」(p.9)
     また、東日本大震災以降に印刷された第2刷にあたってとい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月04日

    わずか70ページ足らずだけど、むちゃくちゃ興味深いことが書かれている。世界的に見て原子力発電の規模が縮小しているのは、新自由主義的な経済政策と電力事業が相容れないためであるからとか、それに抗うために日本の原子力関係のステークホルダーと政府が行ったこと(要は、電力事業を市場原理にさらさないこと)など・...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月27日

    2011年2月発行の岩波ブックレット。

    今後、刊行される書籍・雑誌はヒステリックにならざるを得ないが、この書籍は震災前の刊行なので、その点で安心して読める上、震災以前の原発論しては最新(級)である。

    ページも非常に少なく、内容も平易である。

    また、「反原発」の著書が多い中、「脱原発」(もう造っ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月26日

    議論の種としてすごく良い本。これをベースにしてディベートをしたらよい議論になりそう。

    武田徹さんの私たちはこうして「原発大国」を選んだ、では原子力に関する文化史個人史に重きを置いていたんですが、吉岡斉さんの本書は国内国外の政治史がメインとなっています。
    序章において、原子力の拡大が日本の経済社会に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月02日

    原発にまったく経済合理性がないことを明快に説明する。「原発反対」の立場から出発していないので、反対派の議論には懐疑的な人々にとっても受け入れやすい議論であろう。
    しかし、実は本書でもっとも重要な部分は、なぜ経済合理性がないにも関わらず、原発が国策として推進されてきたのかを説明した「国家安全保障のため...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月28日

    最近の原子力発電をめぐる情勢(3・11以前)についてよくわかる。書いているのは、一応脱原発路線を主張しているが、自身、内閣府原子力委員会専門委員や経産省総合資源エネルギー調査会臨時委員などを歴任され、科学技術が専門の九大副学長の吉岡斉氏である。そんな方なのに原発の危険性、不経済性から早急に脱原発の道...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月14日

    九州大学の副学長であり、内閣府原子力委員会専門委員や経産省総合資源エネルギー調査委員会委員を歴任した原子力及びエネルギー政策の専門家による原子力発電に関する現状と提言をまとめたもの。著者は、原発反対の立場をとるが、何が何でも反対というわけではなく、多角的に分析をし、利点欠点を明らかにした後、理論的に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月14日

    たまたま3.11直前に書かれた小冊子で、最新の世界の原発事情が客観的に整理されていて資料としての価値がある。
    今更ながら日本のマスコミ報道を鵜呑みにするのは危険であることを再認識。反原発か推進かの極論か感情論ばかりで、原発問題の解決の本道からそれている(そらされている?)気がする。
    ○先日ドイツが2...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています