渋沢栄一 人生意気に感ず “士魂商才”を貫いた明治経済界の巨人

渋沢栄一 人生意気に感ず “士魂商才”を貫いた明治経済界の巨人

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 836円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

もともと攘夷討幕論者だった渋沢栄一が、一橋(徳川)慶喜に仕えることとなり、幕臣となったのは24歳の時であった。働きどころを得て実力を発揮し、その才を認められた彼は、幕末の動乱が風雲急を告げる慶応3年(1867年)、徳川昭武の随員としてフランスに渡る。現地で“提供する側がおごらず、受け手が引け目をまったく感じない公共事業”を目の当たりにし、衝撃を受けた彼は、その後、終生にわたって「人の道と経済利益の両立」を掲げ、事業を展開する。日本初の株式会社制度を導入した静岡商法会所の設立、大蔵省の組織改革、第一国立銀行や五百余の民間企業の起業・育成……。渋沢にとって、私利はすなわち利他(他に利益を還元する)であり、一貫して公益の追求者であり続けた。本書は、経済面から明治日本の近代化を推進し、“日本資本主義の父”と称えられた実業家・渋沢栄一の事蹟を活写した長編小説である。『論語とソロバン』を改題。

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP文庫
ページ数
374ページ
電子版発売日
2011年07月08日
紙の本の発売
2004年06月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

渋沢栄一 人生意気に感ず “士魂商才”を貫いた明治経済界の巨人 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年04月21日

    新札に登場するとのこと。

    勝海舟の話を読んだばかりだったので、
    非常に興味深く読めた。
    一万円札の顔になるのも納得。

    なぜか大人になってから歴史が楽しい。
    暗記ではない歴史がこんなに楽しいことに気づけたことが幸せだ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています