十津川警部「友への挽歌」

十津川警部「友への挽歌」

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

大学時代の友人・永田(ながた)から、十津川(とつがわ)警部の自宅にかかってきた電話。しかし、電話は、2発の銃声とともに途切れ、永田のものと思われるバラバラ死体が、北海道の洞爺湖(とうやこ)岸で発見された。「トカレフを持った殺人鬼」とは、何者なのか? フィリピンをめぐる黒い利権の構造とは何か? 雪の北海道から、暴動の街・マニラへ。十津川の必死の捜査が、事件の真相を追いつめる!

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2011年06月03日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

十津川警部「友への挽歌」 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年01月16日

    大学時代の友人・永田から、十津川警部の自宅にかかってきた電話。しかし、電話は、二発の銃声とともに途切れ、永田と思われるバラバラ死体が、北海道の洞爺湖で発見された。「トカレフを持った殺人鬼」とは、何者なのか?フィリピンをめぐる黒い利権の構造とは何か?雪の北海道から、暴動の街・マニラへ。十津川の必死の捜...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月01日

    大昔の友人が電話してきて、銃声と共に電話は切れる。
    しばらくして、銃を使った殺人事件が相次ぐ。
    彼は被害者なのか?加害者なのかー?
    とかいう話。

    なんか最後まで警部いいとこなし。
    翻弄されてたら、いつの間にか解決してましたみたいな感じ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています