ときめきを君に

ときめきを君に

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

広大な敷地に使用人夫婦と暮らす富豪の老人に雇われ、カリーナが専属看護師として移り住んでから九カ月がたった。気難しいシルバー翁に辛抱できず、何人も看護師が替わったらしい。でもカリーナはすぐに孤独な老人の強がりを理解し、持ち前の同情心とユーモア感覚のおかげで、互いに会話を楽しみながら打ち解けた関係を築きあげていた。シルバー翁には息子が一人いるが、何年も前に家を出たという。どうやら仲違いしたようで、屋敷の中には息子の写真が一枚もない。ところが十二年ぶりに帰郷すると便りがあり、老人は気が高ぶっていた。親をこんなに心配させるなんて、どんな人かしら?みんなが寝静まった夜、カリーナはその当人を迎えることになった。グレーの目をした傲慢な男――アントニオは彼女の予想を超えていた。

ジャンル
出版社
ハーレクイン
掲載誌・レーベル
ハーレクイン・クラシックス
ページ数
160ページ
電子版発売日
2011年06月03日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

ときめきを君に のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年06月25日

    誤解で悪い見方をするヒーローに反発するヒロイン。パターンだけど安心。ただ、最後のエピソードはお粗末、嫌味な女にちょっとそそのかされてお互いに誤解。そして、老人に言われて再会仲直り。
    ちょっとあっけないけどこんなもんよね。クラシックらしくていいかな。面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています