双生児は囁く

双生児は囁く

作者名 :
通常価格 594円 (540円+税)
紙の本 [参考] 704円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

真鍮で作られた檻の中に飾られた真珠の首飾りは、「人魚の涙」と呼ばれ、デパートで展示されていた。ところが平日の昼すぎ、数名の客の前で、「人魚の涙」の番をしていた男が殺され、また首飾りを持ち去った女も奇妙な死を遂げてしまう。幾重にも絡んだ謎を解き明かすのは――。表題作ほか、名探偵・金田一耕助を生み出したミステリの巨匠・横溝正史が遺した短篇。汁粉屋の娘/三年の命/怪犯人/空家の怪死体/蟹/心/双生児は囁く/を収録。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2012年08月03日
紙の本の発売
2005年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

双生児は囁く のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年02月11日

    金田一耕助が登場しない7つの短編が所収。7編とも異母姉妹、双子が登場する横溝正史特有の戦前・戦中・戦後直後の血縁・愛憎がキーになる短編集。いずれも短編ゆえに、長編作品ほど、ドロドロとした人間模様は描かれていないけれど、それでもやはり横溝正史らしい作品集。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    「汁粉屋の娘」「三年の命」「空き家の怪死体」「怪犯人」「蟹」「心」「双生児は囁く」の7編入り。
    双生児は囁くの双生児タップダンサー・星野夏彦(色白)と星野冬彦(色黒)の双子が好みすぎる。お互いを呼び合うのが「冬ちゃん」「夏ちゃん」ですぜ?
    可愛いよぅ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月14日

     双生児のタップダンサー、星野夏彦、冬彦の兄弟が真鍮の中で起きた密室殺人に挑む「双生児は囁く」。そのほかに「汁粉屋の娘」「三年の命」「空き家の怪死体」などを収録した七つの短編集。 (出版社からの内容紹介)
     横溝正史、言わずと知れた金田一耕介の生みの親。その金田一が登場しない作品は、これほどまでに寂...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    金田一耕助の出てこない横溝正史のを読んだのはこれが初めて。でも同じ世界観を感じられる。『蟹』が江戸川乱歩を彷彿とする感じで好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月17日

    横溝先生マニア向けの文庫未収録短編集。

    表題作のタイトルはホラーチックな響きだが、意外にも陽気で好奇心旺盛な双子が登場。まだ磨かれていないが、魅力的なキャラになりそうな二人だった。
    後に金田一ものに書き換えられてしまった作品だが、もっと育てていって欲しかったような気もする。

    「三年の命」は後の『...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月19日

    金田一が出てこない横溝作品集。書かれた年代もバラバラのようで、作品としても佳作もあれば何だこりゃなものもあり。表題作の『双生児は囁く』以外は、推理小説としては長さとしてもトリックとしても物足りない印象です。

    全体的に、横溝作品の絶対的なテーマである「大正から昭和にかけての仄暗い空気感」と、「金持ち...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月12日

    短編集なのでテンポよく読めた。
    「三年の命」と「蟹」が印象深い。
    他者とのコミュニケーションがなかったら、赤ん坊は死んでしまうと聞いたことがある。
    最低限のコミュニケーションで育った人間は、どんなふうに成長してどんな人生を歩むのだろうか。
    また、結合性双生児はとても興味があるので、モチーフにした作品...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    何処かで読んだ気がするが、やはりこういう雰囲気は大好き。双生児の話は、シャム双生児でも出てくるのかと思ったら。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています