ウィリアム・ギブスン エイリアン3

ウィリアム・ギブスン エイリアン3

作者名 :
通常価格 2,200円 (2,000円+税)
獲得ポイント

11pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

内容紹介
それ(エイリアン)は
感染・変異する──

サイバーパンクの巨匠ウィリアム・ギブスンが描く
『エイリアン2』のその後──
未映像化脚本をもとにサイバーパンクの女王パット・カディガンが完全小説化!

リドリー・スコットが作り上げた世界をジェームズ・キャメロンがさらに発展させ世界的大ヒットとなった『エイリアン2』。
その続編の脚本家として指名されたのが、当時〝サイバーパンク〟でSF小説界に革新をもたらしたウィリアム・ギブスン。
しかし、その脚本は様々な事情によって映像化されることはなかった。
「エイリアン2」で生き残ったリプリー、ヒックス、ニュート、ビショップ――4人の運命をギブスンはどう描いたのか?
約30年の時を経て、ギブスン版『エイリアン3』の全貌があきらかとなる。

〈あらすじ〉
惑星LV426から帰還の途にあった宇宙船〈スラコ〉は、軍拡競争を続ける国家・革新人民連合(UPP)の支配するセクターに入る。UPPの部隊が〈スラコ〉に乗りこんだところ、ハイパースリープ・カプセル内にリプリー、ニュート、負傷したヒックスを発見。一体のフェイスハガーが襲ってくるが、部隊は危機一髪で脱出し、ビショップの残骸を奪い去る。〈スラコ〉は宇宙ステーション〈アンカーポイント〉に向かう。そこは小さな月ほどもある巨大な軍事施設で、船は兵器課の管理下に置かれる。植民地海兵隊と科学者のチームが〈スラコ〉に乗りこんだとき、二体のゼノモーフが出現。たちまち戦闘となり、リプリーの睡眠カプセルが激しく損傷する。やがてヒックスとニュートが覚醒。ヒックスは〈アンカーポイント〉で実施されている実験に関する噂を耳にする。ゼノモーフのクローンを作り、遺伝子操作をしているというのだ。その実験は恐るべきハイブリッドを、ひいてはクイーンをも産み出すかもしれない……。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / アニメ・芸能・ゲーム攻略本
出版社
竹書房
ページ数
424ページ
電子版発売日
2022年06月30日
紙の本の発売
2022年06月
サイズ(目安)
2MB

ウィリアム・ギブスン エイリアン3 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2023年01月08日

    読み終えて、この作品が映画のエイリアン3になっていたら、ヒットしてた予感
    当時の技術なら映像化も可能だったと思います。

    0

    Posted by ブクログ 2023年01月01日

    ビショップの描写が多くてよかった
    ナノテク血液描写
    エイリアンが身体から出てくるところ

    映像では面白みに欠けそう
    次はコミック版3いこう

    0
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2022年12月18日

    サイバーパンクの泰斗ウィリアム・ギブスンが興行主からの依頼で書いたものの、結局映画化されずにお蔵入りになった「エイリアン3」の脚本を、”サイバーパンクの女王”パット・カディガンがノベライズ。いわば、映画「エイリアン3」とは異なるパラレル・ワールドによる「もう一つの『エイリアン3』」。

    うーん・・・...続きを読む

    0

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 雑学・エンタメ

雑学・エンタメ ランキング