嘘つきなダイヤモンド ラブ&ビジネス I

嘘つきなダイヤモンド ラブ&ビジネス I

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

突然、ニューヨークまで訪ねてきたジェイソンを前に、ローレンは思わず、ふくらみかけた腹部に手をやった。仕事仲間だったジェイソンとベッドをともにしたのは、四カ月前。既に彼は、転職してサンフランシスコへ行くことが決まっていたため、そのあとはお互い、別々の道を歩むはずだった。だから、妊娠が発覚してもジェイソンには連絡せずにいたのだが、どうやら友人の一人が彼に知らせてしまったらしい。「ぼくと婚約して、サンフランシスコに来てくれないか?」子供のためだけに結婚するなんて――ローレンが断ると、ジェイソンはある提案を持ちかけてきた。■今月より六カ月にわたってお届けする〈ラブ&ビジネス〉第一話です。サンフランシスコを拠点にした大手広告代理店〈マドックス・コミュニケーションズ〉。そこで働く社員たちの恋模様を描きます。洗練された街で生まれる、小粋なロマンスをお楽しみください。

ジャンル
出版社
ハーレクイン
掲載誌・レーベル
ハーレクイン・ディザイア
ページ数
160ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

嘘つきなダイヤモンド ラブ&ビジネス I のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年03月04日

    3.4
    ローレンよく癇癪おこさないでいられるなぁという第一印象。
    ジェイソンも大変な忍耐と粘り強さである。
    最後がうまく行き過ぎよねというよくある感じではあるけれど、このドラマティックさは気持ち良く読める。

    このレビューは参考になりましたか?

ラブ&ビジネス のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 嘘つきなダイヤモンド ラブ&ビジネス I
    突然、ニューヨークまで訪ねてきたジェイソンを前に、ローレンは思わず、ふくらみかけた腹部に手をやった。仕事仲間だったジェイソンとベッドをともにしたのは、四カ月前。既に彼は、転職してサンフランシスコへ行くことが決まっていたため、そのあとはお互い、別々の道を歩むはずだった。だから、妊娠が発覚してもジェイソンには連絡せずにいたのだが、どうやら友人の一人が彼に知らせてしまったらしい。...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • しあわせの面影 ラブ&ビジネス II
    大手広告会社の副社長フリン・マドックスは、ある日、とんでもないニュースを聞かされる。どうやら手違いで届けが提出されていなかったらしく、七年前に離婚したはずのルネと、いまだ婚姻関係にあるというのだ。しばし言葉を失ったのち、フリンは胸に芽生えた希望をかみしめた。仕事にかまけてばかりでルネに去られて以来、ずっと後悔してきた。これは僕に与えられた最後のチャンスかもしれない。すぐさま...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 日曜までフィアンセ ラブ&ビジネス III
    広告代理店に務めるシーリアには、どうしても欲しいものがあった。それはエバン・リース率いる〈エバン・エンタープライズ〉との契約。何度かエバンのもとに足を運んではいるのだが、彼との契約を狙う企業は多く、なかなか交渉まで持ち込めない。そんなおり、突然エバンが、週末ともにカタリナ島に行き、弟の結婚式に参列してほしいと言い出した。同行してくれれば空いている時間に交渉をしよう――そう約束...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • フィアンセの秘め事 ラブ&ビジネス IV
    ひどい頭痛と闘いながら、メロディは病室のベッドに横たわっていた。記憶喪失だと診断をくだされたのは、二日前。交通事故に遭い、しばらく死の淵をさまよっていたらしいが、事故のこともそれ以前のことも、何も覚えていない。そんなメロディのもとに、アッシャーと名乗る男性が面会に現れた。俳優かモデルかと見間違えるほど端整な容姿で、あろうことか彼女の婚約者だという。冗談でしょう? 私はこの人...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 白馬の王子がついた嘘 ラブ&ビジネス V
    いつもどおりブレーは舞踏室で居心地の悪い思いをしていた。パーティは苦手だ。関心のある団体の資金集めが絡んでいなければ、今夜だって出席せず、家で猫と遊んでいたかったのに……。そんな物思いにふけっていると、父親が一人の男性を連れてきた。男性の名はギャビン。大手広告会社の稼ぎ頭らしく、とてもハンサムだ。だからギャビンにダンスに誘われたとき、ブレーは戸惑った。私みたいに地味で太りぎみ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 秘書のもう一つの顔 ラブ&ビジネス VI
    大手広告代理店を経営するブロックは、探偵からの報告書を手に言葉を失った。機密情報がライバル会社に流れ出したのは、数カ月ほど前のこと。調査を依頼していた探偵がようやく犯人を突き止めたのだが、スパイとして名が挙がったのは、あろうことか秘書のエリーだった。エリーはただの秘書ではなく、ブロックの恋人でもある。彼女は最初から僕を騙すつもりだったのか?行き場のない失望と怒りをかかえなが...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています