陰日向に咲く

陰日向に咲く

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

劇団ひとりの大ベストセラー小説が電子書籍化!ホームレスを夢見る会社員。売れないアイドルを一途に応援する青年。合コンで知り合った男に遊ばれるフリーター。老婆に詐欺を働く借金まみれのギャンブラー。場末の舞台に立つお笑いコンビ。彼らの陽のあたらない人生に、時にひとすじの光が差す――。不器用に生きる人々をユーモア溢れる筆致で描き、高い評価を獲得した感動の小説デヴュー作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
幻冬舎
電子版発売日
2011年03月18日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

陰日向に咲く のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年05月30日

    個人的憂鬱を持った「どんまい」な人達が交錯しながら、それぞれの自分を見つけていくのがおもろい。
    自分の不幸は他人には解かってもらえやんし、他人の悩みは自分には関係無い。
    バラエティーに富んだ登場人物ばかりで、「劇団」の名にふさわしいと思った。
    彼の妄想力とか成りきり力とか、すげぇ。
    「キス我慢選手...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月04日

    劇団ひとりの映画は見たことあったけど小説を読むのは初めてだった。まぁ所詮、芸人の書いた本だからってなめてかかってたけどほんとごめんなさい。
    確かに短い舞台を観ているような感じだったけど落とし所が上手いって言うか普通に泣かされた。
    そしてそれぞれの話がきちんと繋がっているのも関心させられた。
    芸人の小...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月24日

    みなさんの言う通りとても読みやすかった。

    ただのオムニバスではなく、最終的に全て繋がるのだろうとも途中で読めたが、結果的にどことどこがどう繋がったのかわからなかった。

    全て線で繋がればより感動ものだったんだろう

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月28日

    連作短編集という事で軽く読めるが内容はしっかりとしてる印象を受けた。芸人としての劇団ひとりの事はほとんど知らないが作家としての才能もあるように感じる。

    全ての短編が良いが中でもOverrunが一番のお気に入り。ギャンブル狂が借金を積み重ねる様や競馬で2番人気にかけ続ける手法は実際にありそうで共感が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月17日

    短編小説集。2回目。すべての物語にほろっとさせられる。ほんわか温かな気持ちになれる作品。劇団ひとりは小説家としても素晴らしいと感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月17日

    日経新聞内「半歩遅れの読心術」で小川洋子さんが、
    この本の帯を恩田陸さんが書いていて、
    そこに興味を持ち、つい読んでしまった。
    とゆう記事を読んだ。

    帯に書かれていたのは、
    「ビギナーズラックにしては、上手すぎる。
    あと2冊は書いてもらわなくちゃ。」だった。

    恩田陸さんと言えばの蜜蜂と遠雷は、
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月02日

    活字を読むのが苦手なわたしでもさらさら読めました。非常に読みやすくかつ情景が浮かびやすい文章でした。
    物語の人物それぞれがそれぞれに作用していて、そしてそれに誰も気がついていない。そんな人間関係の形は不思議とリアリティがありました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月29日

    劇団ひとりが書いてると思うと、より面白かったり気持ち悪かったり、作者を少し知ってるからこその面白みがあった。
    Overrunのおばあちゃんの手紙は泣いてしまった。
    ミャーコに対する思想と特に劇団ひとりらしくて面白い。
    服を買うための服はよくわかる。
    一流には一流。
    メモリースティックをSDカードに削...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月21日

    カバーデザイン:鈴木成一デザイン室(題字=鈴木佳一)
    カバーフォト:野口博(FLOWERS)

    解説は劇団ひとりのお父さん

    会社員なのにホームレスに憧れる男、
    売れないアイドルに人生を捧げるヲタク、
    男に遊ばれる女子大生、
    借金まみれで詐欺を働こうとするギャンブル男、
    浅草の陽が当たらない舞台に立...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月06日

    ちょっとクセのある市井の人々を描いた話。
    ホームレスに憧れるサラリーマンとかアイドルにハマっている男とかギャンブル依存症の男とか。
    それらがほのかに各パートと関連しあうのだが伏線というわけでもない。
    感想を一言で言うと、みんながんばって行きてるんだよね、と言う感じ。
    でもさらっと読めてけっこうおもし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 小説

小説 ランキング

陰日向に咲く に関連する特集・キャンペーン