「クビ!」論。

「クビ!」論。

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

1000人の社員のクビを切り、「クビキラー」の異名を持つチェース・マンハッタン銀行元人事部長が語る、リストラの表と裏。「仕事が遅い社員は切られる」「仕事ができすぎる社員も実は危ない」「ゴマスリは万国共通」「まず「できます」と言え!」などなど、クビを切られないための実践的な指南も満載! キレイごとではないリアルな雇用論は、“大クビ切り時代”を生きる、すべてのサラリーマン必読の書。

ジャンル
出版社
朝日新聞出版
ページ数
222ページ
電子版発売日
2011年02月25日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

「クビ!」論。 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年11月01日

    解雇シーンをドラマチックに描いて見せたりするくだりはいただけないが、外資で仕事をしてゆくうえでの心構えなどいろいろと参考になった本

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月05日

    基本的にクビにすることはできない。
    なので自主退社にもっていく。
    人は期待されなくなれれば自然と辞めて行くものだと改めて感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月08日

    希望退職制度が痩せ細りになりというのは納得できる。回復しなければならない状況で、社員のやる気を削ぐことばかりやる企業が多いのが不思議だ。垣根涼介のリストラシリーズを思い出しながら読んだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月29日

    数年前に読んだのを再読。
    外資系の雇用環境を垣間見るにはもってこいの本だと思う。

    よく、外資系は契約形態(終身雇用ではないなど)が違うので給料は高いようにみえて、トータルでは変わらない。なんて話を聞きます。
    でも明らかに多いのではなかろうか。なぜなんだろう。
    本文にも出てくるように、あれだけコスト...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月17日

    "2009年2月時点で世界的な不況が続いている。そんな中、私の働く業界でも、各社が業績の下方修正を余儀なくされている。この春には春闘を通して様々な施策が展開される可能性があるので、本棚にあったこの本を手にとって読んだ。
    著者の方は、外資系企業でM&Aの祭、人員削減を行う人事責任者として活躍...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月12日

    第1章 クビキラー誕生(ある日の光景
    採用試験 ほか)
    第2章 こうやって1000人のクビを切った(クビになる社員はいない
    外資系企業には「指名解雇」しかない ほか)
    第3章 こんな社員がクビになる(「仕事ができない」とはどういうことか
    仕事が遅い社員は切られる ほか)
    第4章 日本企業という名の最...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月08日

    社会保険庁に確認したところ、雇用保険は2年までさかのぼって加入できるという。

    整理解雇の4要件 (P66)
    - 会社の維持・存続にとって人員整理の必要性が十分にある
    - 整理解雇に踏み切る前に、解雇を回避するための努力を充分つくした
    - 解雇の対象とじゃる人は、客観的に、合理的な基準で選べれている...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月25日

    外資企業で人事を担当していた著者によると、外資での人切は雇用とセットであり人材のリフレッシュメントである、と。
    リーマンショック時に、オフィスから荷物をもって出ていく社員の映像がニュースで流れていて、衝撃を受けたものだが、外資企業では皆いつかは人切りに合うかもという意識で働いているのと、クビを切られ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月21日

    外資系企業の人事部長をされた筆者によるクビのお話。
    クビになる人の特徴や、日本企業に対する意見内容が印象に残りました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月28日

    「クビ!」という響きが悪いイメージを想像させるが、内容は外資系企業の考え方や働き方が記載されている。(もちろんどのようにリストラを進めたかも載っている。)

    加えて、リストラする際の面談の仕方が記載されているが、ここに記載されている方法はリストラではなくてもシリアスな雰囲気の面談に利用できると思った...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています