おとなの叱り方

おとなの叱り方

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

そのひと言がなぜ言えないの? ちょっと叱っただけで、すぐ落ち込む、ふてくされる、逆恨みして陰口を叩く若者たち。逆ギレされるのがイヤで親も上司も見て見ぬふり。世の中から“怖い人”が消えて“いい人”ばかりになった。叱られないからマナーを知らない、ルールも守らない、きちんと謝ることさえできない。それは自分にとって損なのだと、みずから生き方の手本を見せるのが、おとなの愛情なのではないか。芸能生活40年、人を愛するがゆえに歯に衣着せぬ発言を続ける著者が、いまこそ伝えたい声を出すことの大切さ、人がついてくる叱り方の極意。

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP新書
ページ数
200ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

おとなの叱り方 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年09月25日

    和田アキ子 氏

    「17歳上京。
    学がないから国語辞典毎日2ページ読んだ。
    本を読み、言葉を知る。自分の言葉で解釈しなおす。
    そうすることで美意識が生まれる。」

    「本名から和田アキ子になった瞬間から自立。
    最後まで役割を徹すること。孤独。」

    ブラウン管の向こう側の人柄を知ることができる書...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月22日

    9784569696256 197p 2008・1・29 1版1刷
    題名は大人向けでも小学校の教科書にすべきです。
    経験を基にした内容は芯がしっかりしていてわかりやすく無駄がない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月15日

    叱り方について知りたくて読書。

    本書が発刊されたときに山岡久乃さんに遅刻した著者を叱り飛ばされたエピソードが紹介されていたのを覚えている。それ以来、著者は遅刻しなくなったらしい。昨年末も追突事故にあったようだが、大丈夫でだろうかと心配になった。

    叱ってくれる人がいるうちが華。心から叱ってもらった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    最近の大人、若者、、みんなおかしい。

    そんな中大人としての大人への提言というか、喝を入れてくれる本

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    最近新書が多いです。

    芸能界でも恐い!!という評判の和田アキ子が「おとなの叱り方」という本を出した、とマイミクのPL&京さんの日記で知って読んでみました。

    叱るのは愛情ゆえ、という温かい心と、人間同士生でぶつかり合うというコミュニケーションが欠如している世の中で、大人でも子供でも、いかに本気...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月03日

    叱るって、結構難しい。。

    正直、僕を知る人は僕が人を叱ったところを見たことはないだろう。なぜなら、叱り方がよく分からないからだ。無論、小さい頃から叱られなかったわけじゃない。間違ったことをしたら親に叱られ、怠けていたら先生に叱られ、モタモタしてたら上司にも叱られた。でも、僕が例えば、その辺のマナー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月23日

    自分がもしも年齢的に「おとな」だと思えるのならば是非とも一読してもらいたい一冊です。
    よくぞ言ってくれました!と痛快にも思える部分が多くあってどこから読み始めても興味を引く内容です。
    よく芸能界と一般社会は別モノなんて表現もありますが
    和田アキ子さんは普通の一般人よりも余程まっとうだし古き良き時代に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月07日

    叱られるよりも叱る方がよっぽど体力使うし大変だ
    叱る立場になって分かるこの苦労。

    和田アキ子さんは厳しくてよく叱る、というイメージだが、
    確かにその通りですが、その叱り方には愛がある!!

    愛ある叱り方を教えてくれる素敵な本です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    購入:2008/10
    ・叱るって、相手に対する愛情や、思い、いらだち、情けなさ・・・なんていう生の感情を相手にぶつけること(抜粋)。
    ・最後に「自分の感受性くらいに」が載せてあって、ビックリ。自分も手帳に書いてあって、時々この詩を読んで反省しているので。
    ・「三つ心 六つ躾 九つ言葉 十二文 十五理...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    PHP新書、区切りの良い500冊目だそうである。タイトルのような「叱り方」が書いてるワケではなく、「叱る」をテーマにいろいろなことが語られている。

    内容については、それほど目新しい事が載っているわけではない。
    例えば「叱る」と「怒る」が違うだとかの割とよく聞く話がまとめられていて、それぞれに和田ア...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

和田アキ子 のこれもおすすめ

愛、とどきますか

愛、とどきますか

  • ブラウザ試し読み

あの鐘を鳴らすのはあなた

あの鐘を鳴らすのはあなた

  • ブラウザ試し読み

君が野に咲くバラなら

君が野に咲くバラなら

  • ブラウザ試し読み

コーラス・ガール

コーラス・ガール

  • ブラウザ試し読み

だってしょうがないじゃない

だってしょうがないじゃない

  • ブラウザ試し読み

どしゃ降りの雨の中で

どしゃ降りの雨の中で

  • ブラウザ試し読み

古い日記

古い日記

  • ブラウザ試し読み

抱擁

抱擁

  • ブラウザ試し読み