十津川警部の事件簿

十津川警部の事件簿

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「関根パン」の製品を小売店に配達する営業員の岡田は、得意先の女主人・幸江との情事を楽しんでいた。が、ある日、幸江の店先にライバル社のパンが積まれているのを発見。他の男に乗りかえたことを覚った岡田は、嫌がらせのためにそのパンに下剤を仕込んだのだが、なぜか、それを食べた幸江が毒死してしまったのだ!? 「甘い殺意」等、若き日の十津川警部の活躍を描いた六篇を収録する傑作集。

ジャンル
出版社
徳間書店
ページ数
342ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

十津川警部の事件簿 のユーザーレビュー

    Posted by 読むコレ 2016年07月27日

    甘い殺意
    危険な賞金*
    白いスキャンダル*
    戦慄のライフル*
    白い罠*
    死者に捧げる殺人*

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年12月11日

    冷静で正義感の強い十津川警部の6つの短編集。

    パン屋さんの話の「甘い殺意」
    町医者の殺人の犯人探しに匿名の懸賞がかかった「危険な賞金」
    商事会社の秘書課長が浮気と妻の流産に関係して罠にはまる「白いスキャンダル」
    M商事のワンマン社長を病院で狙う「戦慄のライフル」
    会社の同僚と飲みに行って...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています