ROMES 06 まどろみの月桃
  • 最新刊

ROMES 06 まどろみの月桃

作者名 :
通常価格 858円 (780円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

世界最先端の施設警備システム・ROMES06を擁し、世界で最も安全とされる西日本国際空港で密輸の摘発が続発した。税関から協力要請を受けた空港警備チームは、ROMESを駆使して次々と運び屋たちを発見していく。だが……うまく行きすぎる。疑問を抱いた天才システム運用者の成嶋は、一人調査を開始する。大規模密輸を隠れ蓑にして、進んでいた恐るべき計画。成嶋は首謀者の男の知性と情に驚嘆しつつ、男の行動を阻止すべく戦いに挑む!

ジャンル
出版社
徳間書店
掲載誌・レーベル
徳間文庫
ページ数
544ページ
電子版発売日
2016年08月05日
紙の本の発売
2014年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ROMES 06 まどろみの月桃 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年03月07日

    設定を変えられない状況でシリーズ化しているにも関わらず、マンネリ感はない。
    スピーディーな展開は読んでいてドキドキする。成嶋の性格が少し変わったようにも思う。筆者のチベット等への思いを反映してのことかもしれない。
    空港だけにシステムを設置してもダメかもしれないが、これを当たり前のように街中に配備する...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月05日

    シリーズ3作目。
    とりあえず大事なキャラの造詣がつかめているためか、安心して読み進められた。

    マンネリ化?・・・無し。
    “敵”の強さのインフレ?・・・無し。
    主要キャラ間の人間関係の進展?・・・ほぼ無し。

    “いつものように始まり、いつものように流れ、いつものように終わった”という感じではありつつ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月05日

    最先端の施設警備システム・ROMESを擁する西日本国際空港で、密輪の摘発が続いた。税関から協力要請を受けた空港警備チームは、ROMESを駆使して次々と運び屋たちを発見していく。だが、うまく行きすぎる。疑問を抱いたシステム運用の天才・成嶋優弥はひそかに調査を開始する。大模規密輪を隠れ蓑にして進んでいた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月02日

    シリーズ3作目。
    目新しいというストーリー展開でもないが、キャラが立っていて次第に愛着が湧いてくる。
    続いてほしい作品。

    このレビューは参考になりましたか?

ROMES 06 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • ROMES 06
    770円(税込)
    世界最先端の施設警備システムROMES(ロメス)を擁する西日本国際空港に届いた複数の脅迫状。そしてある日、ROMES(ロメス)の警報装置が作動した! だがROMESの全貌を知るのは、西空警備チームでも最高運用責任者の成嶋優弥ただひとり。愛犬ハルとシステムしか信じない若き天才・成嶋と、テロリストたちの知と情を賭けた攻防の行方は…─
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • ROMES 06 誘惑の女神
    1,026円(税込)
    世界最先端の地上施設警備システムROMESを擁する西日本国際空港に、伝説のテロリスト・アウレリオから届けられた挑戦状。死んだはずの男が狙うのは、空港で展示予定の黄金の女神像、そしてROMES! ROMESの天才的な運用者である成嶋優弥と空港警備チームは、世界的な犯罪者集団から女神を守れるのか? 大人気サスペンス第二弾。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • ROMES 06 まどろみの月桃
    858円(税込)
    世界最先端の施設警備システム・ROMES06を擁し、世界で最も安全とされる西日本国際空港で密輸の摘発が続発した。税関から協力要請を受けた空港警備チームは、ROMESを駆使して次々と運び屋たちを発見していく。だが……うまく行きすぎる。疑問を抱いた天才システム運用者の成嶋は、一人調査を開始する。大規模密輸を隠れ蓑にして、進んでいた恐るべき計画。成嶋は首謀者の男の知性と情に驚嘆しつつ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています