昭和下町人情ばなし 生活人新書セレクション

昭和下町人情ばなし 生活人新書セレクション

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

戦前の洋食屋、父自慢の厚焼き玉子、闇市の帰りに吸った生卵、正蔵師匠の牛スジ鍋、正楽師匠の菓子パンなど…「笑点」の名物男が語る、昭和の食べものと下町の人情。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
NHK出版
ページ数
224ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

昭和下町人情ばなし 生活人新書セレクション のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年12月15日

    林家正蔵師匠のエピソードなど落語界のこと、戦後東京の生活史など、気軽な雰囲気で楽しく読める本です。著者のキャラクターそのままに、明るく描かれています。ただし、著者のサービス精神の故か全部そのまま受け取っていいのかなあ、と思ってしまうのはうがちすぎでしょうか。
    小学生の頃、映画「白雪先生と子供たち...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月18日

    進軍ラッパがぷ ぷ ぷぷ ぷー。演芸場の手伝いのお礼にもらう缶ビールをためて、半値で売店に買い戻してもらい、その金で仲間にご飯をおごり。木久ちゃーん、これってwin - win だよ。絵も上手いし。笑点は演技なのね。タヌキは、天ぷらのタネヌキ。コネタいただきました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています