発信人は死者

発信人は死者

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

カメラマン・野口浩介の無線機に、五日前からきまって午前二時になると、弱々しい救難信号が送られてきた。謎の信号を調査すると、それは、旧日本海軍の暗号で、三十二年前に沈没した潜水艦・伊号五〇九からのものだった。そして元海軍中佐の奇怪な死! 真相を追って野口らは南海の島へ向かう。著者会心の海洋ミステリー。

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
ページ数
431ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

発信人は死者 のユーザーレビュー

    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年07月31日

    モールス信号のSOSの後に数字が並ぶ。
    疑問に思った青年が数字の意味を調査する。

    旧日本海軍の暗号で、潜水艦の名前とトラック諸島という場所だと分かる。
    32年前に沈没した潜水艦からのSOS。
    「発信人は死者」でないとしたら、自動発信装置が作動したのか。

    男性2人と女性1人が捜索を始め,大きな壁に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています