伊豆七島殺人事件

伊豆七島殺人事件

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「もしもし、おい、どうした?」突然切れた電話に不審を抱いた、海洋開発実験中の片桐主任は、水深40メートルの密室“海底の家(マリーン・ハウス)”に潜行した。ここ神津島の新日本重工・海底居住基地では、極秘の実験が進行していたのだ。……海底の密室で刺殺された研究員! 濡れた電話機、床一面に散った揚げ羽蝶は何を物語る? 傑作本格推理!

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
ページ数
332ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

伊豆七島殺人事件 のユーザーレビュー

    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年06月03日

    海洋開発にも興味があり,神津島へ定期航路で行ったこともあるので,とても興味深く読みました。

    海洋開発競走の企業間の争いと,企業内部の人間的な争いの両方を描写していて,社会派西村京太郎の本領発揮だと思います。

    十津川警部が出て来なくても,飽きない本があることを知らしめたいかも。

    愛読上位20に入...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています