日本の道路122万キロ大研究 増補改訂版

日本の道路122万キロ大研究 増補改訂版

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「酷道」と揶揄される国道!? 国道は何号まであるの? 首都高は国道じゃない? 「農免農道」ってなに? クルマを運転していると次々に浮かぶ道路への疑問。そこに潜む複雑怪奇な道路の定義をまるごと把握できて、クルマやバイクでの旅が楽しくなる本!

序章 「道路」に感じる長年の疑問
1国道の番号には、何か法則性はあるの?
2車が通れない「国道」…酷道に込められた意味とは?
3海の上には道路はないのに「国道」がある?
4「国道1号」の終点は横浜から伊勢神宮を経て、今は大阪?
5県道は2種類あるの?
6林道や農道にある「公道ではない」の意味するところは?
7道路標識に書かれている地名って、誰がどうやって決めているの?
8トンネルの脇に、怪しい分かれ道がよくある気がする

第1章 「道路法」の道路
1「道路」には名前と種類がある!
2道路法の道路の全容と、その一生
3国道
4都道府県道
5主要地方道
6市町村道
7高速自動車国道
8一般有料道路と都市高速道路
9地域高規格道路
10自転車専用道路

第2章 「道路法」以外の道路
1農林水産省や環境省も道路を造っている
2林道
3森林鉄道
4農道
5港湾や漁港の道路
6公園道、都市計画道路
7民間による有料道路(一般自動車道と専用自動車道)
8私道と里道 「認定外」の道路たち

第3章 道路法制の変遷
1旧道路法制定以前 明治から大正まで
2旧道路法の制定 大正~戦前
3終戦後の道路政策と現行道路法の策定

第4章 道路の構造物
1橋
2トンネル
3道路標識の面白さ
4道路付属物
5道路構造令
6線形…運転しやすい道とそうでない道の差
7踏切道と兼用工作物
8積雪地の道路

第5章 道路の深淵を知る
1酷道
2海上国道と渡船施設
3道路の通行止め
4道路の地域
5道路の改良
6道路整備と国の財政
7未成道とは何か
8廃道という、道路の終着地

もっと知りたい! 道路の秘密
・高速道路ナンバリン
・北海道の道路の特例と開発道路
・沖縄の道路の歴史
・奥地等産業開発道路
・日本最初の「高速道路」東京高速道路
・戦前、「外地」の道路はどうなっていた?
・自衛隊による道路整備
・国道情報連絡所

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
実業之日本社
掲載誌・レーベル
じっぴコンパクト新書
ページ数
272ページ
電子版発売日
2021年12月23日
紙の本の発売
2021年12月
サイズ(目安)
34MB

日本の道路122万キロ大研究 増補改訂版 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年01月30日

    道路の歴史、法律、トリビアを扱った本です。コンパクトかつ充実した情報量が魅力。道路を注意深くみる方は少ないとは思いますが、この本を読めば普段見ている道路が変わって見えるかもしれません。地図、国道(酷道)、雑学、ドライブが好きな方におすすめ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

じっぴコンパクト新書 の最新刊

無料で読める 雑学・エンタメ

雑学・エンタメ ランキング