オペラハウスの貴婦人

オペラハウスの貴婦人

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

英国の天才オペラ作曲家、サー・エドモンドが謎の死を遂げた。残された妻のエレノアは悲しみのなか一通の書状を受け取る。大胆な崩し文字の署名を見て、彼女は思わずどきりとした。アンソニー・ニール伯爵――1年前に初対面の私を財産目当ての妖婦と蔑んだ男が、面会を求めてきている。即座に断り外出したエレノアだったが、馬車が速度を落とした瞬間、男がいきなり飛びこんできた。驚きと怒りを押し殺し、彼女は穏やかに切りだした。「ニール卿……このような思いがけないご訪問をいただくとは、いったいどのようなご用件でしょう」

ジャンル
出版社
ハーレクイン
掲載誌・レーベル
MIRA文庫
ページ数
411ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

オペラハウスの貴婦人 のユーザーレビュー

    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年02月07日

    「伯爵とシンデレラ」関連作。
    のはずだけどあとがきを読むまで全く気付かなかった…。

    音楽家の夫と便宜結婚をしたヒロイン。
    その夫が亡くなり、昔結婚を反対された夫の叔父であるヒーローと再会をする。
    実はこのヒーロー、気付かないうちにヒロインに一目惚れしていた。
    そう思うとテンパって暴言吐いちゃうとこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています