情熱と絶望のはざまで ギリシアの光と影 I

情熱と絶望のはざまで ギリシアの光と影 I

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

レベッカは富裕層向けの航空会社に勤める客室乗務員。顧客はハリウッドスターや王族や大富豪ばかりだ。その中に世界的な建築家アレクサンドロスがいた。目をみはるほどすてきな彼に口説き落とされ、レベッカは会社の規則を破って彼とつき合うようになった。だがアレクサンドロスには訪れる街ごとに恋人がいるという噂だ。レベッカは彼との密会を楽しみながらも別れの予感におびえていた。ひたすら彼からの連絡を心待ちにする日々に耐えきれなくなり、彼女はついに決心した。ただ待つだけの女でいるのはやめよう。たとえそれが二人の関係を破局に導くことになっても。★ハーレクイン・ロマンスの人気作家シャロン・ケンドリックが華麗なるギリシア人双子兄弟をヒーローに据えて贈る二部作をお楽しみください。次回は3月刊、兄キュロスの登場です。★

ジャンル
出版社
ハーレクイン
掲載誌・レーベル
ハーレクイン・ロマンス
ページ数
156ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

情熱と絶望のはざまで ギリシアの光と影 I のユーザーレビュー

    購入済み

    つめたい

    ik 2014年04月25日

    冷たいヒーローと良識派ヒロイン。
    前半は、ヒーローのヒロインへの愛はサッパリ感じられず、寒々しい。
    普通だったら、こんな心が欠けたヤツ、とっとと縁を切るね。お金だけ貰って。もっと大金せしめて、ヒーロー追い出すとか。そうならないのが、HQ。分かってはいるけどたまには、別の人に癒されても良い気がする。読...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月12日

    俺様ヒーローです。ヒロインの決意が揺れながらも、意思を貫こうとする姿勢はよかったかな。ヒーローの双子の兄の話も楽しみ。
    (R-2352)

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています