Flowers(フラワーズ)

Flowers(フラワーズ)

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

2010年6月12日(土)日本の女性たちへロードショー!「美しい日本」の「美しい女性」に感動する!6大女優による、日本のあなたの物語。1936年、19歳の凜は親の決めた許婚との結婚に反発して花嫁衣装のまま式場から飛び出す。2009年、別れたばかりの恋人の赤ん坊を身ごもった奏のもとに、祖母・凜の危篤の報が入る。故郷の能登の家に駆けつけた奏は、妹の佳と、祖母の最期をみとる。1977年、長女の薫、次女の翠とともに、凜の3人の娘のひとりである慧は医師の忠告を振り切って2人目の娘・佳を産むことを決意する。 昭和初期から現代まで、3代6人の女性たちの恋愛、出産、別れを描いた話題の映画をノベライズ。強く美しく懸命に生きた女性たちの生き方は、そのまま、あなたの物語。●映画『Flowers(フラワーズ)』公式サイトPC版 http://flowers-movie.jp/index.html企画・製作総指揮:大貫卓也監督:小泉徳宏出演:蒼井優,鈴木京香,竹内結子,田中麗奈,仲間由紀恵,広末涼子(五十音順)配給:東宝(C)2010「FLOWERS」製作委員会

ジャンル
出版社
小学館
ページ数
184ページ
電子版発売日
2011年03月01日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2010年08月06日

    読み進んでいくうちにとまらなくなった。どの時代の女性もみんな一所懸命生きていた。母というのは無償の愛を贈ることが出来た時最高の幸福に満ちあふれるのではないだろうか。だから強くもなれる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月21日

    それぞれの時代で懸命に生きる女性たち。人って繋がっていくものだなぁと思いつつ。翠の話が好き。不器用に頑張っている感じがなんか共感できたなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月21日

    朝から、しんみり、ほっこり。
    時系列ではなく、凛の物語を中心に展開していく、子や孫のエピソードの入れ方が素敵。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月30日

    CMでお馴染みの女優さん達で映画化されるとテレビで知ったので、どんなストーリーなのか気になり読んでみました。
    6人の女性達の物語ですが、活字で読むよりも映像化された方が混乱しないような気がします。
    どの女性も素敵に描かれていました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています