ニャンコ、戦争へ

ニャンコ、戦争へ

作者名 :
通常価格 726円 (660円+税)
紙の本 [参考] 1,210円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ベストセラー作家・菊地秀行が始めて書き下ろした、衝撃と感動の新感覚童話!

ジャンル
出版社
小学館
ページ数
31ページ
電子版発売日
2011年08月19日
紙の本の発売
2005年09月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

ニャンコ、戦争へ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年08月31日

    子供も大人も、人種を問わず読んで欲しい本です。
    戦争、動物虐待・・・こんな未来が絶対に来ないためにも、忘れたらいけないことがこの本には書かれています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    家の・・・家族のニャンコが戦争に行く。それも、人間の代わりに。戦場から帰るたびに身体は傷が増え肢体を失くしていく。それでも、ニャンコはまた戦場へ行く。猫は自由なもの・・・こっそり逃がしてやろうとするけど、ニャンコは『キミの言うとおり、自由に生きる。誰にも邪魔はさせない。だから、戦場へ行くよ』ニャンコ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年04月19日

     戦争はいけない、と人は言う。
     人間の命は何よりも大切で、それがたくさん失われるから、戦争はいけない、と人は言う。
     じゃあ、人間が死ななかったら、どうなんだろう?

     この作品はなんと人間の代わりに、猫が戦争に行ってもかまわないことになった、という驚きの設定。だから猫を自分の代わりに戦争に行かせ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年10月04日

    人間が、人を戦場に送る代わりに猫を派兵させようと決定した。
    その戦場へ、何も言わずに戦いに行く1匹の猫とある家族のお話。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています