パレット文庫 ペット心理療法士事件ファイル6
  • 最新刊

パレット文庫 ペット心理療法士事件ファイル6

作者名 :
通常価格 308円 (280円+税)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

悠次(ゆうじ)はアルバイト先(ペット同伴歓迎の喫茶店)で、アクセサリーのように犬を使い捨てにする女の噂(うわさ)で嘔吐(おうと)! そんな折、将(まさる)は、痩(や)せて怪我(けが)をしているシェパードを発見、タマ掛かり付けの動物病院に入院させたあと引き取った。虐待(ぎゃくたい)されて人間不信に陥(おちい)っているのか、威嚇(いかく)のように唸(うな)るだけで、悠次もお手上げ状態。将は、テリトリーを侵(おか)され憤(いきどお)るタマに哀願(あいがん)して犬の説得に当たらせるも無反応…。しかし将の幼い姪(めい)が抱きついた時、カイザー(命名by将)が怒ったのは、姪を叱る将に対してだった。そして子供を守るのに必死な様子の犬が、突然脱走した! 自分のかなしい家に向かって…!?

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
パレット文庫
ページ数
238ページ
電子版発売日
2011年03月01日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

パレット文庫 ペット心理療法士事件ファイル6 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年05月05日

    一旦シリーズ終了ながらも、これから続く次シリーズも何事もなく、同じように続くので、シリーズ名が変わるだけとも言える。
    最後のお話は将が衰弱したハスキーを拾ったことから始まる。
    いつまで経っても気をゆるさないハスキーはどうやら人間に虐待されたことがあるらしく、さらに子供を守ろうとする姿勢も見せる。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

パレット文庫 ペット心理療法士事件ファイル のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • パレット文庫 ペット心理療法士事件ファイル1
    尾鷲悠次(おわせゆうじ)と浅川将(あさかわまさる)は幼馴染(おさななじ)みで、ともに19歳の大学生。将は祖父母の家に住み、悠次はそこの居候(いそうろう)である。夏のある日、悠次は突然、猫や犬の鳴き声を言語として解し、会話さえできるようになった!! 浅川家の猫・タマが授けた能力らしい。しかし、大好きな将にではなく、なぜ悠次に? 悠次は、合コンで坂田(さかた)リサという女子大生と知...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • パレット文庫 ペット心理療法士事件ファイル2
    真夏…。浅川将(あさかわまさる)と、居候(いそうろう)・尾鷲悠次(おわせゆうじ)主従が昼寝をしていると、一週間も家を空(あ)け、将を心配させていた飼い猫(怪猫(かいびょう))タマが帰ってきた。しかも「見捨てたら化けて出そうな、よろよろのゾウキン」(タマ談)にしか見えないシャム(ヒマラヤン?)もどきの迷い猫を連れて…。“聞き耳頭巾(ずきん)”健在の悠次の感触では、あまり外に出たこ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • パレット文庫 ペット心理療法士事件ファイル3
    秋になると尾鷲悠次(おわせゆうじ)の名はペットのセラピストとして、ご近所のペットの飼い主の間で噂(うわさ)になっていた。主人の浅川将(あさかわまさる)は、彼に友情以上の思いを…? そんな折、将が誘拐(ゆうかい)されてしまう! 犯人に強要されたと思(おぼ)しき将からの電話では「俺の口座に一千万円振り込め。キャッシュカードをタマの首に付け、悠次の運転で甲州街道(こうしゅうかいどう...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • パレット文庫 ペット心理療法士事件ファイル4
    正月、わがままな親戚(しんせき)連中が帰り、浅川将(あさかわまさる)がほっとしていると、田舎(いなか)に行っていた愛(いと)しい尾鷲悠次(おわせゆうじ)が戻ってきた。 だが、また事件。タマが足に血を付けて外から帰ったのだ。怪猫(かいびよう)によると、道で大きな血溜(ちだ)まりを踏み、その直前に凄(すご)く殺気立った男とすれ違ったという。しかも血は人間のものだと断言。懐中電灯...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • パレット文庫 ペット心理療法士事件ファイル5
    2月の初め。静岡に住む女学校時代の旧友を訪ねていた将(まさる)の祖母が、迎えに来いと電話をかけてきた。すでに夜である。友人に孫自慢をしたいのかもしれない。物騒(ぶっそう)な事件に巻き込まれる将たちを監視している(?)タマ(車ぎらい)は置き去り…。将は悠次(ゆうじ)とのドライブを楽しんでいたが、サービスエリアで車中にタマを発見。祖母からの電話「おいしい魚をご馳走(ちそう)する」...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • パレット文庫 ペット心理療法士事件ファイル6
    悠次(ゆうじ)はアルバイト先(ペット同伴歓迎の喫茶店)で、アクセサリーのように犬を使い捨てにする女の噂(うわさ)で嘔吐(おうと)! そんな折、将(まさる)は、痩(や)せて怪我(けが)をしているシェパードを発見、タマ掛かり付けの動物病院に入院させたあと引き取った。虐待(ぎゃくたい)されて人間不信に陥(おちい)っているのか、威嚇(いかく)のように唸(うな)るだけで、悠次もお手上...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

新田一実 のこれもおすすめ