パレット文庫 瞳と声を塞いで

パレット文庫 瞳と声を塞いで

作者名 :
通常価格 308円 (280円+税)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

有名カメラマンの鳴海脩平(なるみしゆうへい)と大学生の篠沢尚(しのざわなお)は恋人同士。スキャンダルキングで決まった恋人を作らなかった鳴海だったが、今は尚なしでは生きていけないほど彼を愛してる。 夏休み。鳴海と尚は、2人の思い出の地、小樽(おたる)でバカンスを楽しんでいた。鳴海にカメラマンとして弟子入りした尚は、雑誌に掲載する鳴海の写真を撮ったり、美味しいものを食べたり、甘くて充実した日々を過ごしていた。そんなある日、幼い尚を置いて失踪(しつそう)した父親が見つかる。鳴海は動揺(どうよう)し戸惑(とまど)う尚を優しく支えようとするが、尚は拒絶してしまい…。互いにとても愛しているのに、少しずつすれ違う2人。だが鳴海の大きな愛に包まれて尚は…!

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
パレット文庫
ページ数
220ページ
電子版発売日
2011年03月01日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

パレット文庫 瞳と声を塞いで のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年03月01日

    育ての父?がちょっと面白いのと、攻めよりも大学の友達の方が存在感があった…。全体的にぬるく甘いまま終わった感じ。幼い頃に失跡した父の存在で色々あるけど、恵まれた人間関係で乗り切るうらやましさ。ごちそうさまでした。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています